COP25 小泉が沸騰中!小泉環境大臣のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

COP25 小泉がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

COP25 小泉の概要は?小泉環境大臣のコメントは?

COP25 小泉のニュースが次のように報道されています。

小泉環境大臣は「厳しい批判に対しては誠実に逃げることなく丁寧な説明をして、このCOPの場を最大限、日本にとってプラスになるよう生かしていきたい」とコメントしています。

 気候変動対策に関する国連の会議「COP25」への出席のため、開催地スペインのマドリードに到着した小泉環境大臣は「批判に対して逃げることなく説明する」と意気込みを語りました。

小泉環境大臣:「厳しい批判に対しては誠実に逃げることなく丁寧な説明をして、このCOPの場を最大限、日本にとってプラスになるよう生かしていきたい」
小泉大臣は閣僚級会合などの場で、気候変動に対する日本の取り組みをアピールしたい考えです。石炭火力発電を推進しているとの批判が高まるなか、持ち前の発信力でいかに日本の存在感を示せるかが注目されます。また、来年から始まるパリ協定の実施に向け、積み残しとなっている一部のルールの合意に向けた交渉にも臨むことになります。大臣就任後、初めてとなる本格的な国際交渉の場で、その外交手腕も問われることになります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191210-00000017-ann-soci

スポンサーリンク

COP25 小泉が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

小泉大臣、COP25に向け「批判に逃げず説明する」

スポンサーリンク

COP25 小泉のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

化石燃料は日本が原子力依存からの脱却を図るために増えているという現実。
しかし、本当に原子力を否定した運用が成されているかは別問題だが、お題目はそこにある。
今の日本政府は矛盾に満ちた事ばかりなので、それを突っ込まれるの何も言えなくなるという図式は変わらないけど・・
原子力排除のためという事を大きく主張が出来ない状況は環境相にとってはジレンマだろう。

そもそも環境省の権限や管轄の範囲が小さい。
大体の産業系は経産省が持っているし道路交通は国交省、農林業は農水省で、地域行政なら総務省。
小泉大臣に言えることは実はあんまりないので、本人は余計なことを回答しないほうがいいね。話題の石炭火力ならイニシアチブはトップ(首相)・経産省だしねぇ

小泉環境大臣は「批判に対して逃げることなく説明する」と意気込みを語りました。

・・・
どう説明するつもりなのでしょうか?
国内(この場)で説明できないようなら海外で説明できるわけないと思いますが。

それとも前に説明できずに沈黙してしまった時からかなり月日が経っているので、この事については対策済みでしょうか?

石炭火力発電所は世界で4割。
石炭は全世界に埋蔵しているが、石油は中東に偏っている。
石炭の埋蔵量は石油の2倍。
価格は石油の半額程度なので後進国は石炭火力の需要が高い。
従来の石炭火力発電所は問題があるが、日本が開発した最先端の石炭火力発電所が世界中で建設されれば地球温暖化に貢献できるのに、反対するのは日本だけが儲けるから気に入らないのでしょう。
小泉はきちんと説明できるかな?

昔、鳩山が首相だったとき、何を思ったか「二酸化炭素排出量を25%削減する」といきなり言い出した。
そうすると、国際的な約束にするにはそれなりの裏付けが必要になって、経産省がひねり出したのは「原子力発電大増設」。今ある発電所を原子量発電所に置き換えて、二酸化炭素排出量を減らすという考え方。しかし東日本大震災で反原発の機運が高まり、この計画はパーになった。
<教訓>いらないことは言わない方がいい。

各国から非難されている日本の姿勢。
「ブーイングには慣れてますから」と発言していたが、これは対外向けには逆効果では。
あなた方の意見(非難)には耳を貸しません、と言ってる様にも受け止められます。あなた個人へのダメージなんか気にしちゃいません。

内閣の代弁者である以上、いまの日本のエネルギー政策をいくら説明しても国際世論からも国内世論からも叩かれ役になってしまう。
阿部に嵌められたな。次期首相などと言っていられないダメージだよ。もちろん本人にもそんな資質はなさそうだが。

逃げないって事は何時もの論点ずらしも
駄目だからね。
小泉氏自身がどういうビジョンを持っていて
実現に向けたロードマップをハッキリ発言
して欲しいものです。

日本はアベノミクスで貧困層増加、少子化で明日がない国です、死が待っている国ですから温暖化が盛り上がりません、未来に希望のある国にしないと温暖化対策が進まない。

石炭発電を増やすことは間違っていないと思う。
石油よりも良いという意味では。
ただ、放出されるCO2には何らかの対策をしても良いのではないでしょうか?
ネットで検索したら、2018年にカナダの企業がCO2を1t吸収するのにコスト約1万円の方法を開発したとありました。
こういうのを試験的に投入してみたら良いのではないでしょうか。
将来的にはコストはもっと下がっていくと予想されます。

スポンサーリンク

COP25 小泉のネットの反応は?Part2

原発を止める方向に行くのだから火力発電は必須でしょう。
日本の石炭火力発電は効率も良いだろうし
排出ガスも比較的きれいなはず。

他国では乗用車をEVにという流れにしたのならば
火力発電は必須でしょう?
きれいごとを言っている場合ではないはず。

説明は誰でもできるが実行できなければ口先男。口先男が実行できるかですが無理でしょう。シンゾーへの忖度するようではできない。

現状のシステムや生活レベルを下げずに環境問題を解決するには技術革新しかないだろ?文句だけ言う活動家を取り上げる暇があったら研究者や技術者にスポットライトを当てるべきだろ。

「日本で商用化されている最高効率の技術(USC:超々臨界圧)を、中国やインドといったアジアの国々と米国の石炭火力に適用すると、CO2削減効果は約12億トン(11.8億トン)にのぼるという試算があります。」小泉環境相、こう答えたら如何でしょうか?

電気は安くて安定している事が、民間、企業ともに重要である
経済を支える重要なエネルギーです。
石炭火力発電は、Co2排出が多い。ガス発電はコストがかかる。
原子力発電は危ない。太陽光発電は夜間と雨の日は使え無い。
自分の街に建設は嫌!! 言いたい放題ですね。
小泉大臣頑張れ!! 場数を踏み成長していく。

小泉大臣も誰かさんに似てきたね。「誠実に」「丁寧な」説明するとか。中身の無い饒舌だけになるだろう。
今の日本の取り組みでは、会議メンバーを納得させる説明は誰もできない。実感信仰で情緒的な日本国民は騙せても、相手が違って厳しい。

AIEA(国際原子力エネルギー局)
お墨付き国家でプルサーマル再生可能エネルギーとして原子力発電を推奨してきた国で
原子炉4機の事故発生。

火力発電に依存しなければ電力は足りない。

ある程度知識が有れば誰でも分かり切ってる事でしょう。原発使うのがトータル最も良い選択肢ですよ。
使ってこそ技術。

ポリシーとかスローガン、意気込みはどうでも良いので、具体策や具体案を示してもらいたい。
殻だけ大きくて芯が小さい印象。

どういう説明をするんだろう?
気になるなぁ。
ヘタに自分(or 日本政府?)の論理を主張すると、命取りになりかねないのに。

罷免されるか、辞任するか?

ま、育児休暇、もらいやすくなりますけど。

スポンサーリンク

COP25 小泉おわりに

今回はCOP25 小泉に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のCOP25 小泉は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「大衆的人気があって次代を担う政治家として期待されてきたが、大臣になって一気に馬脚を現してしまったな。彼が総理になる日は来ないかもね。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事