記述式 共通テスト 見送りが沸騰中!萩生田大臣のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

記述式 共通テスト 見送りがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

記述式 共通テスト 見送りの概要は?萩生田大臣のコメントは?

記述式 共通テスト 見送りのニュースが次のように報道されています。

萩生田光一文部科学大臣は「受験まで1年近くなりましたので、受験生の皆さんが落ち着いて目標に向かって準備をして頂くにはぎりぎりのタイミングと思い、決断に至った。見送りを決断したのは私ですから、私に責任があると思っています」とコメントしています。

 来年度から始まる大学入学共通テストで導入される予定だった国語と数学の記述式問題について、萩生田光一文部科学大臣が導入の見送りを表明しました。

萩生田光一文部科学大臣:「受験まで1年近くなりましたので、受験生の皆さんが落ち着いて目標に向かって準備をして頂くにはぎりぎりのタイミングと思い、決断に至った。見送りを決断したのは私ですから、私に責任があると思っています」
大学入学共通テストの国語と数学の試験には一部で記述式の問題が初めて出題されることになっていました。萩生田大臣は記述式問題について、受験生50万人分の答案を公平に採点できるかや自己採点の難しさなどの課題が解消できないとして導入の見送りを決めました。大学共通テストを巡っては英語の民間試験でも先月、導入の延期が決まっていて、来年度の大学共通テストは従来のセンター試験と同じマーク式問題だけでの実施となります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191217-00000022-ann-soci

スポンサーリンク

記述式 共通テスト 見送りが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

記述式導入は萩生田大臣が「見送り決断、私に責任」

スポンサーリンク

記述式 共通テスト 見送りのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

様々な事態が起きるたびに「責任は私にある」とか
「責任を痛感している」とか語っているわりには、
振り返ってみると誰も責任を取っていない。
それがアベ内閣の特徴だと思います。
だれが、どんな責任を、どうやって取るのか
はっきりとしていただきたいものですな。
引き続き、桜問題も含めて監視していく必要がありますね。

共通テストにする目的がわからない。
各大学で自分達の教育や研究に合わせた学生を募集すれば済むこと。
その時に必要であれば、記述式を使っても良いのではないか?
なんでも共通化するという考え方を捨てたほうがよいように思う。

カリキュラムの民営化も問題です
eポートフォリオとか
大学入試改革を民間に丸投げする文科省の狙い
センター試験に代わる2つのテストのうちの基礎レベルにあたる「高校生のための学びの基礎診断」については、実は民間業者の各種検定やテストをそのまま活用する方針が決まっており、英語・数学・国語の3教科について、すでに文部科学省が認定を出している。当初はこの基礎レベルのテストについても大学入試センターがシステムを構築するかのようにいわれていたのだが、いつのまにか民間丸投げに方針を転換したのだ。
たとえば、「英検」「数検」「文章検」などの検定試験や、学研系の「基礎力測定診断」、ベネッセ系の「ベネッセ総合学力テスト」、リクルート系の「スタディサプリ 学びの活用力診断」などが認定を受けている。外部検定を活用し、複数回実施され、段階別の結果が得られ、場合によってはコンピューターも使用する。

「導入見送り」そのものについては、萩生田大臣が実に正直に
「身の丈」「ミスはなくせない」
と言ってくれたおかげで、問題点が世間に周知された結果。
ある意味、功労者。

が、こうやって「責任がある」と引き取るだけ引き取ることで、まるで
「官僚の不手際を大臣に押し付けてる!」
みたいな誘導する政治家やネトサポが出てくると思う。

責任はある。
東大呼び出して補助金削減ちらつかせてでも導入圧力かけたの、元大臣だし。
高校生や校長会から半年以上前から陳情されてたの、無視してたの、現大臣だし。

謝ったらあとは知らんぷり、まだ追及する奴は悪い奴って。
どこかの保育園の土下座園長じゃないんだから。

萩生田大臣だけの責任ではなく、最小から関わった議員、民間人も責任がある。
ただ、安倍政権下では、安倍総理をはじめ責任はあるだけで、誰も責任はとらない。
こんな議員達に教育どころか、政治そのものを任せるのは、子供の教育に取ってもよくない。
受験生諸君、選挙権があるなら、よく見極めて、投票して欲しい

担当行政府の長として、混乱への責任は当然だが、抑々、どうしてこんな愚策が有識者や官僚の審議を経て、実行されようとしたのかが問題。
受験者数減少とは言え、最大規模の試験の採点を短期間で正確に熟すことを大前提にすれば、現段階で可能か不可能かの判断は容易だ。
政府の教育指針を重視したければ、現センター試験の出題内容に反映させ、形式まで変える必要はないはず。
そう思うと、教育指針に基づいたテスト形式の変更だけでなく、他の何かを疑わざるを得ないと思う。

見送りを決断をしたのは私なのだから責任は私にある、とまるで導入に失敗したことをベネッセや自民党に誤っているようですね。
謝罪しなければならないのは、現行の方法を棄てて導入しなければならない理由や意義を説明することもなく民間企業を導入したり、記述式を導入しようとしたりして受験生の間に混乱を招いたことなのですから、受験生に謝るべきではありませんか?

英語の民間試験活用にしても記述式導入にしても,受験産業が受験対策にあきたらず試験そのものに儲けの場を拡大しようとしたこと,その利権にに群がった政治家と文科官僚。
そしてどの世界にもあるライバル同士(政治家VS政治家,業者VS業者,官僚VS官僚)のつぶし合いの構図。

特定の業者に丸投げというのはだめでしょう。妥当性を検討する手立てがありません。しかしながら、表現能力の向上が喫緊の課題であることには変わりありません。文科省も大学も高校も入って、どうやったら記述式で実力を測れるのか、あるいは言語学、文学の専門家も入って、どうやったら高校までの教育の中で文章能力を高めることができるのか。オープンに検討を進めなければならないと思います。
秘匿しなければならないのは、当日の試験問題・解答だけであって、試験のあり方をコソコソ決めるのは大きな勘違い。英語の民間試験だって、そのまま入試に使えるものじゃない。ちゃんと入試用に特化した試験を官学民、力を合わせて作り出さなければならない。文科省は今回の反省に立って、早急にオープンな検討を進めるプラットフォームを作るべきだと思います。

見送った責任ではなく、強引に始めた・進めた奴に
責任を取ってほしいんですが。

スポンサーリンク

記述式 共通テスト 見送りのネットの反応は?Part2

萩生田大臣には重い責任は無いと思う。就任当初から諦めモードだったし。第二次世界大戦時の日本のようだった。無謀な計画を推進して最後は予定通り失敗。敗戦処理をしただけだから、それより張本人の安倍首相が表に出るべきだ。

人間の感情で左右される、採点方法は無理が有る、コンピューターでの採点が平等の世界、何か総ての方法が、公から民間への動いている、民間に成って碌な事は無い、効率的に金儲け主義、是だけでなく官僚の天下りに成って便利を図る事に天下りしても既得権益は無い口利きだけ(縦の社会の弊害)、今、日本は教育を根本から見直さなければならない時、民間に変わって学力が上がれば別だが、所詮、塾を見れば解るように、多額の費用を支払わなければ行けない、格差社会の真っただ中、高校までは無償かと言うが、教育レベルを上げなければ付いて行けない教育は間違っている、虐めや体罰が罷り通る時代は過ぎている、間違いは改めなければ、高校卒業でも読み書きが出来ない子供さんもゐると聞くと、先生は恥ずかしくないのか指導した子供が卒業して社会に馴染める人を育てて欲しい、願いでもある

この関連の委託を受けることが決まっていた会社、特に採点の委託を受けていたベネッセと、安倍総理を始めとする与党幹部とか、最も怪しいかもしれない安倍嫁とのつながりを調べてみればいいと思いますよ。
きっと、特に安倍嫁はつながりがあることが疑わしい。
少なくても、嫁は森友問題の時のような、旦那の総理は加計学園の時のようななのが出てくるはず。

共通テストで予定されていた変更の大きな部分が見送りになって
試験のバランスが当初予定されていたものと別物になっていると思う。
センター試験に戻さなくて大丈夫なのだろうか。

英語民間試験導入でベネッセは、毎年100億円規模の需要を見込んでいた。
記述式試験問題採点でベネッセグループは61億6000万円で落札した。

つまり、安倍政権は50万人の受験生とその親御さんをカモに、ベネッセに金儲けさせるための官邸主導の大学教育改革をしていたのだ。

高校生がテレビで「誰が考えても不公平な大学入学共通試験なのに、上の人は何故わからなかたのか」と苦情を訴えていた。

安倍さんと側近の下村さん、萩生田さんは被害者の高校生と親御さんに
会議録を提示し、説明して、謝罪して、失われた時間と予約金の弁償をして、混乱を招いた責任を取るべきです。

高校生たちよ、あなた達を金儲けの具にし、混乱させたのは、無責任政府の自民党安倍政権であることをいつまでも記憶に留めて投票に行こう。

ここで共通テストも廃止して、一期校二期校制度に戻すのもありかな。少子化で共通テストの役目も終わったのではないか。

そもそも、前の大臣が現場の声も聞かずに決めたこと。ぶっ壊すとは素晴らしい英断です。
ついでにポートフォリオも無くして下さい。部活動もぶっ壊してください。地域連携と称した労働力無料提供も禁止してください。そして「責任取ります」って言ってくれたら、銅像たててあげたいです。喜ぶ教員がたくさんいると思います。教育の正常化に向けてこれからもお願いいたします。

ダメな教育を受けて育った人達が「新しい見方、考え方」で評価をするなんて無理です。「こうできたら、どんなに素晴らしいだろう」・・・が多過ぎる。非現実的な背伸びが多すぎる!

確かに今の時点での見送りは遅きに失したが、土壇場で見送りを決断した萩生田大臣を責めるのは筋違いだ。もっと早くに決断しなかった前文部科学大臣の柴山昌彦こそが無能だったということだ。責任を問うなら柴山だ。

ギリギリのタイミングではない!
今年の学年の子たちも大いにこの問題を考慮して志望校を決めている。
推薦はもう願書だして決まっている人もいる。
その認識が甘いことがまだわからないのだな。

スポンサーリンク

記述式 共通テスト 見送りおわりに

今回は記述式 共通テスト 見送りに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の記述式 共通テスト 見送りは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「まだ問題があるぞ。英語のリスニングの配点が大問題。このままリーディングと同配点なら、帰国子女が有利になる。これも公平性に欠ける。センター試験そのものに戻すべきである。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事