中国 空母 山東が沸騰中!山東は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

中国 空母 山東がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

中国 空母 山東の概要は?山東は?

中国 空母 山東のニュースが次のように報道されています。

「山東」は旧ソビエト連邦製を改修した空母「遼寧」に続く2隻目の空母で、初めての国産になります。

 中国の国営メディアは、中国初の国産の空母「山東」で戦闘機の離着陸訓練をする映像を公開しました。

空母「山東」から戦闘機「殲(せん)15」が次々と飛び立っていきます。国営の中央テレビが公開したもので、「空母が良い状態であることを示している」としています。「山東」は先月17日に南部の海南省で就役し、記念式典には習近平国家主席も出席して自ら掲げる海洋強国をアピールしていました。「山東」は旧ソビエト連邦製を改修した空母「遼寧」に続く2隻目の空母で、初めての国産になります。戦闘機36機を搭載可能とされています。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200104-00000003-ann-int

スポンサーリンク

中国 空母 山東が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

初の国産 中国空母の訓練映像を公開

スポンサーリンク

中国 空母 山東のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

中国を侮ることは出来ない。現時点では確かに張り子の虎かもしれないが、数年後には逆らえない程の規模、戦力になるかもしれない。それを止めるには経済的に締め上げるしかない(実際核戦力が確立している国との交戦は無謀すぎる)からトランプも仕掛けたが、やはり遅いのかもしれない。オバマの放置戦略が大失敗だった!?んだろうなやっぱり。

映像では着艦にアレスティングワイヤーを使っているかどうかがわからないな。
まだ張り子の虎かもしれないが、張り子の中身を知らないうちに作り替えることは可能。
しかし、日本の空母所有反対派の人たちはこういう中国のことについてホントに無口。

スキージャンプ式の滑走路だと飛び立つ時はやっぱり戦闘機が機敏って感じには見えないな
燃料も控え目な量なんだろう

しかし空中給油機で補給を受けて航続距離を稼げば海上基地としての機能は果たしているんだと思う

次の国産空母は電磁カタパルト式を検討している様だから、それを実用化できれば大きな脅威として存在感も増すだろう

映像で見る限りではパイロットも相当訓練をして練度も上がっている様です

最近やたらと北朝鮮やアメリカに余裕を持ったコメントをしているが、こういったところに手応えを感じていることも心理的な部分があるんだと思う

昔の中国ではない
なめてかかるとヤバいことになる

わざわざこの映像を公開したのは明らかにアメリカに対する牽制だろう

日本は先の大戦後安保をアメリカに頼った部分が多かった。あからさまな中国の台頭で戦後70年以上経った今それを見直すきっかけではなかろうか?専守防衛は下手すると国民でもある自衛官や海保の命さえ脅かす。野党の大部分は憲法の見直しさえ必要無いと言う。本当にそれで良いのだろうか。これからは政治が戦略面を無視せず直視しなければならないと思う。

中国なんてまだまだ・・と思いたい気持ちは解るが(私もその一人)
しかし、他国の戦力は過大評価で見積もる位の方がいいと思うのだが

近年よく聞く想定外じゃ取り返しがつかないと思うのだがどうでしょう?

朝日新聞の記事は中国の空母生産を喜んでいるみたいですね。
しかし、この空母はミサイル装備して飛ぶことができないので、近海では役に立つでしょうが、戦略的な価値は低いですね。
チャイナが技術を向上していることは分かる。
日本は、いつまでもお花畑で平和議論をしているのではなく、チャイナの覇権主義で日本人の生命財産の危機的状況を打ち破るために防衛予算を増やすべきでしょう。

中国の軍事力を甘く見てはいけない。
スキージャンプだから大したことないなんて思っている人は、搭載されているJ-15戦闘機の性能をよく見たほうが良い。

空中戦やるだけなら、空自のF-15Jとも渡り合えるレベルの戦闘機。
かつてイギリスが運用していたハリアー2なんかとはくらべものにもならない高性能機です。

固定翼機の発着艦を出来るようになっているだけで、すでに海自よりもパイロットの技量は上になりつつあるということ。

空自にも海自にも空母に着艦できるパイロットはいないからね。
こんごいずもを改装して空母運用するにしても、パイロットはそんな急には育たない。

まして、中国は既に3隻目の空母の建造を進めている。
これが完成すれば、3個機動部隊を持つ海軍になるわけだ。
ローテーションを考えても常時1隻は南シナ海に空母が展開している状態になる。

中国は米中経済戦争により疲弊し、今後身の丈に合わない海軍力の維持メンテナンス費用の増大と中国全土の民衆の反乱への治安維持費用の増大が足枷となるだろうね。海軍増強による世界覇権の野望は、今後も経済成長を続けるという前提条件があって達成できるもの。前提条件が既に崩れてきているのだから、今後の中国は従来の多大な身の丈に合わない支出を維持できなくなるだろうね。

まず、空母を作っても載せる艦載機がないのがイタい。

既存の大柄でエンジンパワーのないのを艦載機に改造。
短い飛行甲板から武装と燃料満載で飛ばそうとすると一気に大推力を出せるエンジンが必要だからね。

それに作戦中、上空を見張る空母に載せられる早期警戒機もない。これがないと水平線の向こうから飛んでくる対艦ミサイルなんかを防ぎ切れないし。

それに27ノット程度しか出せないっていうじゃない。
米海軍の様に30ノット超で優速の護衛艦群と機動艦隊を組めんやないの。

いくら運搬船を作っても全てが揃わないと無意味。空母一隻じゃなく、システムで考えないとな。
日本海軍も大戦末期に空母を何隻か就役させたんだけどね。載せるべき艦載機とパイロットが枯渇していた。

脅威は確かだけど個別冷静に観察しなきゃね。

離艦より着艦の方が数倍難しいと言うのが艦上戦闘機乗りの常。
それはゼロ戦搭乗員の証言からも理解出来るし、今も昔も代らないと思う。
離艦だけしか映していない事を考えるとパイロットや母艦自体の技術がまだ未熟だと思われるし、いくらかの問題がまだ解決されていないと想像出来る。
但し、日本も早急に空母化による防衛を急がないと中国を始め朝鮮半島の侵略は待ってはくれない。

スポンサーリンク

中国 空母 山東のネットの反応は?Part2

ロシアの廃船を改造し造った張り子の空母に ロシア戦闘機の安価な試作機をウクライナを経由して購入し、これをベースに開発した模造品であるため事故を多発してきた過去があるだけに、侮ってはいけないが、信じてもいけない。何故この時期にこのような怪しい動画を見せたのか、わかるまでこの調子で動画の追加を誘っていく必要があるだろう。

兵装が無い戦闘機が飛び立ってもね。。。
でも数年でここまで仕上げてる事は純粋にすごいと思いますね。
もっと中国らしい空母を作って欲しいかなぁ。
カタパルトを船体内に格納して、発射口だけ開放している空母とか。
今の空母の4倍くらいの大きさの物でお願いします。

「次々と」と報じられていますが、映像を見る限りでは発艦の間隔がわからない。スキージャンプ式はカタパルト式に比べて発艦するまでに時間がかかる。問題はカタパルト式の原子力空母をいずれ保有するであろうという事。

スキージャンプ式じゃ 装備 燃料ともフルでは発艦出来ない 戦闘機もf/a18のようにフル装備の状態で着艦も出来ないが このまま中国ほっとくと大変な事になってくはやく 経済制裁を行って欲しい

基本的な離発着艦の様子を公開とフル装備での離発着艦は公開しないわけだ。
この映像を公開するんだったら、まだタッチアンドゴーの訓練を公開した方がいいんじゃないかそっちの方色々面白いことが分かるんだけどな。

発艦時のスピードがやたらトロイのはプロペラ戦闘機を見るよう。

物理的に見えない所から飛来する兵器がある現在、こんな巨大空母を作って
も、格好の標的になりもう時代遅れになりつつあるのでは?

今って、空爆はドローン攻撃機で、拠点への精密攻撃は巡航ミサイル・ドローンで、だろう? このトレンドは今後もより強くなる。巨大空母よりも、巡航、弾道ミサイル搭載潜水艦とか、ドローン部隊の強化拡大だよね。必要なのは。

次々に飛び立つはどうでしょうか?
全体像が分かる写真では空母には相変わらず1機か2機しか載っていないようですし。
ビデオでは機体ナンバーがわからないように写されているので同じ機体ということかも、英仏戦争時代ののフランス艦隊のような状態でしょう。

肝心の着艦映像が途中で途切れているが、ちゃんと着艦できたのか?
アレスティングフックやワイヤーがはっきりしないぞ。発艦できても帰りは陸地では空母の意味はない。
ただし、中国を侮ってはいけないとはおもいますね。アメリカと本気でケンカするだけはあるが、人口動態でいうと今がピークと思ってしまいますが。

映像がもう少し長ければ
着艦しているのか
タッチアンドゴーなのか

分かるんだけれど
それだけでも、中華人民共和国海軍に練度が測れたのだけれど…

空母の場合、離艦はそれなりの技術でなんとかなるが、着艦ともなれば、相応のレベルがなければできない

まぁ、その部分は、まだまだ機密なのかもしれないが…

スポンサーリンク

中国 空母 山東おわりに

今回は中国 空母 山東に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の中国 空母 山東は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「軍事力強化と宇宙開発にちからを入れる中国は、ますます国際社会の中で存在感を高めていくのでは?この空母にしても、日本の近くを頻繁に行き来するようにならないか心配です。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事