アメリカ 銃規制が沸騰中!トランプ大統領は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

アメリカ 銃規制がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

アメリカ 銃規制の概要は?トランプ大統領は?

アメリカ 銃規制のニュースが次のように報道されています。

銃規制に消極的なトランプ大統領は「民主党は憲法で与えられた権利を排除しようとしている。許してはならない」として民主党を批判しています。

 銃規制の強化を図るアメリカ東部のバージニア州で銃を所持する権利を守るための集会に数千人が集まりました。

民主党が過半数を占めるバージニア州議会の上院で銃規制を求める法案が可決されたため、銃を所持する権利を訴える数千人が州議会の近くで抗議集会を行いました。バージニア州では2017年に白人至上主義者の集会で衝突が起きて死者が出たため、知事が事前に非常事態を宣言して議会周辺での武器の所持を禁止するなど緊張が高まっていました。今のところ、大きな衝突は起きていません。銃規制に消極的なトランプ大統領は「民主党は憲法で与えられた権利を排除しようとしている。許してはならない」として民主党を批判しています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2020

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200121-00000005-ann-int

スポンサーリンク

アメリカ 銃規制が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

米バージニア州 “銃所持の権利”訴え大規模集会

スポンサーリンク

アメリカ 銃規制のネットの反応は?

銃を自分が持つことで身を守れる可能性と、
銃を他人が持つことで危険にさらさられる可能性どっちが高いのか?
銃を持たないことを選択した国に生まれてよかったと自分は思う。

こうやって騒ぐ連中の一体何人が新法の内容を把握してデモしてるんだろうか?内容的には銃を完全に取り上げるみたいなことは書いてないんだけど。具体的には

①銃購入の際に犯罪履歴等のチェックを行う
②警察等は特定の公共行事に銃の持ち込み禁止をすることができ、開催中は一時的に、危険だと判断された人から銃を没収することができる
③銃の購入は月に一丁までとする

一体この内容のどこが銃の保持を保障した合衆国憲法修正第2条に違法するのか?なんだったら、ホワイトハウスのツアーに銃携帯して行ってみるかい?すぐ捕まるよ。

この人らは銃協会という死の商人からいくらもらっているんでしょうか。

たしかに自衛のための武器は必要です。
日本でも銃所持を認めて欲しいです。

銃規制反対。

よっぼど治安が悪い州らしい。

えっと、確かアメリカでは武器所持の権利が憲法で認められていたんだっけ・・・

しかしなぁ、規制反対派の諸君。その理念を尊重するなら北朝鮮やイランが核を持つことも認めるべきだ、と俺は言いたい。

銃を撃ちたいのなら紛争地にでもどこでも行けばいい。撃つ権利と撃たれるリスクはセット販売なんだよ。

「銃規制に消極的なトランプ大統領」と銃を規制する事が正しい事と決め付けて報道するのが日本らしい。

どれほど酷い銃器柄みの事件が起ころうが、建国以来、自らの身をガンで護りながら国土開拓を成し得た米国は、憲法でわざわざそれを謳うが如くで、最大の政治的圧力団体であるNRA(全米ライフル協会)の意向を無視出来ず、もし彼らの機嫌を損ねたら、どのレベルの選挙でも必ず落選の憂き目に遭うため、議員は「銃器規制」を言い出せないから、『銃社会』を絶対に変えられない。

スポンサーリンク

アメリカ 銃規制おわりに

今回はアメリカ 銃規制に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ 銃規制は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「市民に選ばれた政府であっても、市民を弾圧したら市民は武器をもって抵抗するという革命権(抵抗権)からの銃保持の権利ですね。(´・ω・`)」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事