犯罪人引き渡し条約 日本が沸騰中!初めてのケース?画像や動画は?気になるネットの反応は?

犯罪人引き渡し条約 日本がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

犯罪人引き渡し条約 日本の概要は?初めてのケース?

犯罪人引き渡し条約 日本のニュースが次のように報道されています。

日本とイギリスは「犯罪人引き渡し条約」を結んでいませんが、実現すれば条約を締結していない国からその国民が引き渡される初めてのケースになります。

 東京の表参道ヒルズで1億円相当の貴金属が強奪された事件で、国際手配されたイギリス人の容疑者の引き渡しに向けて日本とイギリスの警察当局が協議していることが分かりました。

2015年11月、東京・渋谷区表参道の宝石店で指輪など46点、1億600万円相当が奪われました。警視庁はイギリス人のケリー・ダニエル・リー容疑者(41)ら3人の逮捕状を取り、国際刑事機構を通じて国際手配していました。その後の警察当局への取材で、3人の身柄の引き渡しに向けて日本とイギリスの警察当局が協議していることが分かりました。日本とイギリスは「犯罪人引き渡し条約」を結んでいませんが、実現すれば条約を締結していない国からその国民が引き渡される初めてのケースになります。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200121-00000020-ann-soci

スポンサーリンク

犯罪人引き渡し条約 日本が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

表参道ヒルズの貴金属店強盗 英と身柄引き渡し協議

スポンサーリンク

犯罪人引き渡し条約 日本のネットの反応は?

警察の取調べにて、弁護士など含めて第三者が立ち会えない
警察が横着して客観的証拠を集めず自白調書を主にして検察に起訴させる
留置所 拘置所 刑務所の生活環境の悪さ
死刑制度等、多くの箇所を改めないと、多くの国が引き渡しに応じてくれないと言われています。
とくに先進国は消極的です。
ちなみにゴーン被告の映画化が決定しました。情報戦で完全に日本の法務省は負けています。法務大臣をもう少し有能なのにした方が良いでしょう。

これが国と国との本来の独立国同士としての関係性ですよね。

ゴーンが逃げた先の国は国としての体をなしていないですよね。

犯人分かったんだ、すごいね
覚えてるよこの事件

イギリス人かと思ったら名前がリーだった

犯罪者は何処に逃げても同じ事です!ゴーン被告は特別見たいです?

五十日に多い犯罪はなに?

連れてくるだけカネがもったいないので、財産没収の上むこうで終身刑でいいのではないか。

身柄引き渡しが不可能ならば、せめて盗まれた金額など国が賠償してあげてくれ被害者の為に

つかまえたとしても、ろくに裁けないニッポン。だから、最近は、犯罪はやったもん勝ちで、減らない。イギリスで代理処罰でも、どうぞ。

日本で億単位の窃盗を働いたものが 本国に帰ると 無罪放免されるのは たまらない。これだけ国際間の人間移動が頻繁になってきている現状。条約あるなしにかかわらず 日本に来る以上 引渡しを認めなければ入国は認められないと 一々 国ごとにきめるのではなく 大筋で了解をとれ。

スポンサーリンク

犯罪人引き渡し条約 日本おわりに

今回は犯罪人引き渡し条約 日本に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の犯罪人引き渡し条約 日本は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「実現すれば素晴らしいことだ。是非実現してゴーン被告などについて、レバノンもこれに見習って、きちんと考え直してほしい。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事