自衛隊機 スクランブルが沸騰中!防衛省は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

自衛隊機 スクランブルがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

自衛隊機 スクランブルの概要は?防衛省は?

自衛隊機 スクランブルのニュースが次のように報道されています。

防衛省は警戒監視活動を一層、強化する方針です。

 防衛省は去年4月から12月までの自衛隊機のスクランブル(緊急発進)が742回だったと発表しました。統計を取ってから過去4番目に多い数です。

このうち中国機に対する緊急発進は全体の7割に上り、過去2番目に多い523回で、ロシア機に対しては216回でした。中国、ロシアとも対象は戦闘機が多く、領空侵犯も合わせて3回となっています。また、去年7月には中国とロシアの航空機が共同で竹島上空を領空侵犯するなど複雑化しています。防衛省は警戒監視活動を一層、強化する方針です。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200129-00000040-ann-pol

スポンサーリンク

自衛隊機 スクランブルが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

自衛隊機“スクランブル” 去年は過去4番目の多さ

スポンサーリンク

自衛隊機 スクランブルのネットの反応は?

習近平氏を国賓として呼ぶのであれば
(反対ではあるが)
スクランブルや海上警備に
掛かった経費を請求し、精算が済んでから
呼ぶくらいの事はやって欲しい。
謝罪などは絶対に無いだろうから
金で解決としても良いのではないだろうか。

飛行機には寿命があり、スクランブルが多ければ飛行機の寿命も短くなる。スクランブルさせることで、相手国の防衛力を少しずつ弱らせることが目的なのだろう。

日本の領空を侵犯しても当たり前のことしか日本は対応しない事がわかってるので、達磨さんが転んだ方式で、昨日よりは今日と少しずつ本土に近づく。

飛んで税金使って…終わり。進展ない無駄がねにならなければ良いけどね

真っ直ぐ米軍基地に向かってきた場合も、自衛隊のスクランブルに任せっきりなのかなあ?

是非ともこの案件に対して立憲枝野の意見をお聞かせ願いたい。

冷戦時代にも頻繁にあった。
これで打ち落としてたらキリがない。

日本の隣国で、特に北方面はまともな国がない。
侵略戦争を仕掛ける国々ですから、日本は防衛を憲法改正して本気であることを示すことが防衛だと思う。
普通の国なら、ミサイルで撃墜してます。

過去最高の関係で国家主席様を国賓としてお招きすると言っている中国と、大統領とファーストネームで呼び合うマブダチのロシアですか。流石は外交の安倍さんですね

中国を助けるようなことは全てやめるようにすべき。

尖閣の公船の侵入も頻繁。

日本人は人が良すぎる。

ウイルスの件も即刻入国禁止にすべきだった。

スポンサーリンク

自衛隊機 スクランブルおわりに

今回は自衛隊機 スクランブルに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の自衛隊機 スクランブルは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「せめて警告射撃くらいはできるようにしないとなあ。空も海もやられ放題やられてる。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事