かんぽ生命保険 問題が沸騰中!追加の調査?画像や動画は?気になるネットの反応は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

かんぽ生命保険 問題がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

かんぽ生命保険 問題の概要は?追加の調査?

かんぽ生命保険 問題のニュースが次のように報道されています。

不利益を受けた可能性のある契約者がこれまで公表していた15万6000人のほかに新たに6万人いるとして、追加の調査をするということです。

 かんぽ生命保険の不適切販売の問題で、日本郵政グループは再発防止に向けた業務改善計画をまとめました。

日本郵政・増田寛也社長:「取り組みは多岐にわたりますが、経営陣が責任を持って実行に移していく」
かんぽ生命の不適切販売の問題で保険の販売停止などの行政処分を受けている日本郵政グループは、再発防止策を盛り込んだ業務改善計画を金融庁と総務省に提出しました。計画では不正の原因となった販売ノルマを見直すほか、顧客を勧誘する時の会話を録音することで不正を防ぐとしています。また、不利益を受けた可能性のある契約者がこれまで公表していた15万6000人のほかに新たに6万人いるとして、追加の調査をするということです。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200201-00000009-ann-bus_all

スポンサーリンク

かんぽ生命保険 問題が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

かんぽ生命不適切販売問題 業務改善計画まとめる

スポンサーリンク

かんぽ生命保険 問題のネットの反応は?

かんぽ生命不適正営業の業務改善計画をまとめられましたが、それ以上に郵便局の在り方をも改善されれば、日本郵政社長増田さんの株も上がります。かんぽ生命不適正営業の視点を変えればネットワークを維持する必要性はないはずです。

今回の記者会見を見ていると不適正を行った社員は処分すると盛んに言っているが、現場の管理職以上(部長や支社?本社?)の具体的な責任はどうやってるんでしょうか?全部現場の社員がいけないんでしょうか?

5年ほど前 母が保険に加入したけど 数ヶ月後 かんぽ生命(株)から 調査員が訪問して来た。
コンプライアンス関係で。
でもその人が
隣町の元局長さんでビックリ!!
しましたァ〜

社内同士でコンプラ守れるのかその時思いました。

不適切販売した社員はそれなりのペナルティーを受け、乗換を承認したパワハラ管理者は今のところお咎めなしです。どこの世界もとかげの尻尾切りです。

金融庁は今後黙認するなどの失敗をしないで管理監督をするのだろうか。

業務改善したところで信用なさすぎて
もう加入対象の保険商品なんてないだろう

ダイヤモンド、ルビー、パール・・・処分された人はいるのでしょうか?

業務改善計画も重要だが、その前に、違反した管理者・社員の懲戒処分が先だと思います。悪い事した人間は必ず次も抜け穴を探しだします。せっかくの改善効果が無駄にならないように、今のうちにしっかりするべきです。すでにそういう社員は辞めて退職金を貰っていますよ。

直接、募集人に不正をしたか尋ねても、イタズラした子どものように、やってない〜、と言って終わり。被害者が訴えても、本人の希望です、と調査報告され、ハイ調査1件終了!と言う現状は変わらない。どういうやり方で調査して、どのように問題なかったか、表にまとめて公表して欲しい。
調査という言葉ではぐらかさないで、具体的な契約無効基準等の項目表を作って公表し、募集人がシラを切っても、客観的に判断、処理すべき。
募集人に全責任を押し付けず、応援団の管理者にも責任あるので、余程悪質な募集人以外は処罰は控えるべき。基本的に責任は管理者にある。

お客様との勧誘時の録音機能は当然、管理者からのパワハラ発言を録音する事も出来るんでしょうね? 近畿地方の人事担当は、家まで押しかけるからな!家族の将来はないぞ!と脅迫発言をし、私を精神疾患に追い込みました。現在の郵便局でもパワハラ発言がかなりあります。弁護士、ユニオンに相談の上で、4時間以上のパワハラ、恫喝、人権を無視した発言の数々の録音記録等を私は持っています。社員の皆様、この録音機能、パワハラ、恫喝を録音し労基署、脅迫発言は警察に、また、訴訟をする時の証拠にし ましょう。

スポンサーリンク

かんぽ生命保険 問題おわりに

今回はかんぽ生命保険 問題に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のかんぽ生命保険 問題は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「これまで守りに守り、見逃しっからかしてきた成績上位の人格破綻者どもから調査してみようか。どうでもいいような小わっぱばかり調査してないでさ。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事