新型コロナウイルス 感染者 世界が沸騰中!アメリカでは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新型コロナウイルス 感染者 世界がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染者 世界の概要は?アメリカでは?

新型コロナウイルス 感染者 世界のニュースが次のように報道されています。

アメリカでは中国からの部品などの供給が滞ることで、貿易摩擦や世界経済の悪化で減速していた製造業の回復が遅れる可能性があるということです。

 新型コロナウイルスの感染者の数は世界で1万人に迫る勢いです。経済への影響も指摘されています。

中国政府の衛生当局は31日朝、死者が新たに43人増え、合わせて213人に上ると発表しました。中国本土の感染者は9692人に増え、世界全体での感染者は9800人を超えています。
一方、経済面では野村インターナショナル香港によりますと、中国の今年1月から3月期のGDP(国内総生産)の成長率が前の月に比べて大幅に減速する見通しです。2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)が猛威を振るった際には中国の成長率は2ポイント低下しましたが、それを上回る打撃になると予想されています。
米国野村証券・雨宮愛知シニアアナリスト:「今回のコロナウイルスの世界的な蔓延(まんえん)を受けて、供給網の混乱ということから回復のタイミングが遅れていくということが想定されます」
アメリカでは中国からの部品などの供給が滞ることで、貿易摩擦や世界経済の悪化で減速していた製造業の回復が遅れる可能性があるということです。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200131-00000019-ann-int

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染者 世界が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

新型コロナ感染者1万人迫る 経済影響はSARS以上か

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染者 世界のネットの反応は?

未だに専門家は過去の事例を元に発言しているが、その根拠はどこから来るのか…。
実際に現場で対処もせず、外からの情報だけで分かるものなのだろうか?
「過剰に備える必要は無い」と言い切る自信…。
その考えが政府の初動判断を狂わせたりしていると思わないのか?
未知のウイルスに今までの考えが通用しないかもと考えた方が良いと思うのだが…。

コロナウィルスビジネス
流行っている時は出かけていれば何処にいても何をしててもうつります。
人体に入ったウィルスが暴れるかどうかは、その人の身体の状態です。
身体をあたためてミネラルをたくさん摂りましょう。体温37度くらいなら大丈夫です。
体温計も種類によって差があるので熱冷ましの薬で低体温にならない様に気をつけましょう。
次から次に新種ウィルスが出て来るのでワクチンに頼らず、身体の免疫力を鍛えましょう。

もう戦場でしょうねー!ドクターも発狂してるし。何日も寝てないでしょうに!指導部は「これは闘争だー団結して勝利しよう」とか訳のわからん事叫んでるし。今必要なのは人と物で何とか今を乗り切らないと終息の見えない危機が切迫してるのに。武漢加油!

とりあえず感染拡大ばかりのニュースでなく
症状や死亡事例の病歴
年齢性別
かいふくまでに要する時間など症例を発表してくれ
感染止めれないのはわかったから

もはや封じ込めには失敗している。

政府や専門家がパニックを恐れる余り控えめな発表に終始するのは、原発事故の際にも嫌と言うほど見せつけられたからな・・・

相手は新型殺すウイルスですから、ワクチンが無い以上は防御しか手が無い。

中國共産党が私財を投げうてばいいのだが、賄賂に使う金がなくなると心底困るのだろう。

こんな非常事態のなか、
国会では季節外れの桜が満開!
リアルお花畑になっちまった・・・

日本での死者は一万人超えるのかな?まあオリンピックは諦めるしかないですね。

我々人類は太古の昔から菌 ウィルスとの闘いなのですよ!知ってる?世界中の政府の皆さん!ウィルスは変態する どんな弱いウィルスであってもワクチンのないウィルスが動き出したら 身構えるのが当たり前じゃ無いの?世界中の政府の皆さん?

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染者 世界おわりに

今回は新型コロナウイルス 感染者 世界に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 感染者 世界は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「実際の数字はどうなのかと思うと怖いな。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事