新型コロナウイルス タイが沸騰中!タイの保健省は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新型コロナウイルス タイがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス タイの概要は?タイの保健省は?

新型コロナウイルス タイのニュースが次のように報道されています。

すべての患者に有効かどうか、タイの保健省は「慎重に分析していく必要がある」としていますが、他の患者にも投薬を進めるとしています。

 新型コロナウイルスによる中国での死者数が「SARS(重症急性呼吸器症候群)」を超えて、パンデミックが懸念されるなか、タイの保健省は「インフルエンザとHIV(エイズウイルス)の混合薬が症状を改善する」と発表しました。

感染拡大を食い止めることができるのか。「カギ」となるかもしれないニュースがタイから入ってきました。タイの保健省によりますと、新型コロナウイルスに感染した71歳の中国人女性は10日にわたって症状が悪化し続けていたものの、インフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス薬を投与したところ、投薬後には熱が下がって症状が劇的に回復し、48時間以内にコロナウイルスが消えたそうです。この方法がすべての患者に有効かどうか、タイの保健省は「慎重に分析していく必要がある」としていますが、他の患者にも投薬を進めるとしています。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200203-00000033-ann-int

スポンサーリンク

新型コロナウイルス タイが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

インフルとエイズの薬でコロナが消えた・・・タイ保健省

スポンサーリンク

新型コロナウイルス タイのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

希望の光が見えてきた!?
これから大事になってくるのが、副作用がないか安全性と誰にでも効くのかということ
正しい、良いニュースを待ちたい

効果が本当にあるのなら朗報ですがウイルスは耐性変異する事があることが心配です。

HIVの薬が効くということで噂は前からあったけど、専門家は口を濁すような反応だった理由は、想像におまかせというところか?

本当に効くが、効くということはそういうことだから、ってことね。

話題になってたからちょっと調べてみた。
ニュースに薬の名前は書いてないけど、もしこの抗HIV薬がカレトラのことで抗インフルエンザ薬がリバビリンのことだったら、以前からこの組み合わせでSARSやMERSに効果があることは知られていて、2004年にはSARSのことで論文も出てる。
それならタイの医師が勘や賭けで投与したわけじゃなく、SARSやMERSへの効果という前例やエビデンスに基づいて投与したんじゃないのかな。

中国も治験の名のもとにいろいろ投薬している話を聞いたが、症例が圧倒的に少ないタイで成功ってのが肝ですね。
薬が効くメカニズムとウィルスの特性から、試すパターンを絞ったのだろうか?すごい医師がいるのではと思う。
ちょっと人間で実験している感はぬぐえないのが抵抗はあるが、朗報ですし、賞賛されるべき功績だと思う。世界中で一気に治療薬の開発が進むことを願います。

エイズの治療薬って1錠100円ぐらいから
5000円超まであって、かなり高い薬が多いからね。
高い薬だと中々の治療費になるよね。

そしてそんなにメジャーな薬じゃないから、
大々的に使う在庫は無いし、
急に増産するのも簡単ではないかも。

プロテアーゼインヒビターが効いたということ?ということは、このウイルスは、リンパ球に隠れるということ?なぜ、発熱しているのに、ウイルスが検出できなかったりして、どうもインフルエンザなどと挙動が違うタイプのようだ。
つまり、薬で症状が消えても、抗体ができにくいのか?
研究者がそのメカニズムを調べてくれている最中だろうが、注視しておきたい。

HIVとコロナウィルスの塩基配列が似ているから?
自然発生したウィルスで凄い確率そうですね!!

エイズが入ってるとなると、ワクチンを作ったところでまたかかるのでは? と、不安になる。

また、このウイルスに感染するとエイズにもなるのではとも不安になる。怖い。

中国も洒落にならん兵器を作りやがって許せない。

まず第一に中国が「私たちがやりましたすみません」って謝罪してワクチンを配るべきだった。
そうすれば、差別とかも起こらなかった。

今までにも蛇等食べてきてるわけだから、急にこんなに広がるのはおかしいからな。

HIVウイルスと似た性質があれば、変化しやすいウイルスで、免疫力を低下させるということかな。
免疫力を低下させるから、発熱の症状が出ないっていうのは、納得がいく。
完全にウイルスを死滅させないと、色々な感染症にかかりやすくなるのでは。
インフルとHIVの性質をあわせ持っているから、混合薬が効いたのであれば、今後、恐ろしいウイルスに変化するのでは。
塩基配列が共通する箇所があるかも。
今まで確認されなかった、このウイルスが自然界にずっと存在していたのか、正直、疑問に思える。
動物と人間との感染の過程で、インフルとHIVウイルスが混ざりあったとか、あり得るのだろうか。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス タイのネットの反応は?Part2

このニュースってもかなりやばい内容なんじゃないのか。
以前から言われていたけれど、HIVのウィルスを使って作られた可能性があるのではと言及されていた。
それと同時にコロナウィルスは武漢の生物兵器研究所から漏れたたっていう説も、予後が悪くて免疫が弱まり抵抗力が低くなるって話と合致するじゃないのか。
二度三度と感染する可能性が高いという事でも合致している。
ハーバード大学のノーベル賞候補だった教授が、この時期にアメリカで逮捕されたし、嫌な感じがするんだが。

HIVのようにウィルス量は少なくなっても完治しないって事もあるのだろうか?
薬飲むのを止めたら又ウィルス増えて免疫不全起こすとか…
厚労省はそういうこの病気の医学的な情報も知らせてほしい

>>インフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス薬を投与したところ...

なぜこの組み合わせを試したのか?
それ相応の根拠が無いと生態実験無しでいきなり試せないだろ?

どこから、どんな情報が流れたのか、
非常に興味が湧くね。

インフルウイルスとエイズウイルスのハイブリッドの新種ウイルスということでしょうか。

自然にハイブリッドウイルスができたのか、あるいは、人工的にハイブリッドウイルスを作成されたのか。

エイズハイブリッド型インフルウイルスということでしょうか。
そして、ウイルスの性質は、唾液感染型のエイズウイルスということでしょうか。

現在の抗HIV薬は細胞でのHIV増殖を抑えているに過ぎないので、完全に体から消失させるというわけではないから今回の新型インフルエンザに対しても完全かな?と疑問はあるが有効な手段なんだろうな。
早くウィルスの解明が出来て、治療薬が開発されればいいね。

本当に効果があるとして、このニュースの混合薬が日本で認可されるのに、何年掛かる?
複合投与なら個別入手でもありかも知れないが、混合薬とはハードル高過ぎ
日本で、そんな人体実験出来ないし、仮に製剤化するのに、どこの会社が行うのですか?
特許の絡みもあるし、製品として世に出すことは、簡単ではないのでは無いでしょうか
こんな情報に踊らさせるなど、どうにも・・・
マスコミは、もっと背景や根拠を書いて下さい
また、実効性に関しても書いて下さい
素人じゃないのに、お粗末過ぎます

必要以上に恐れなくて良い希望がでたかもしれませんが、
そもそも
コロナウイルスが日本でどんな怖さがあるかわからない
しっかり対処療法と衛生管理、栄養とって休養で治るウイルスなら、なるべく服用したくないし、

うつらないに越したことはない
日本にコロナウイルスに感染して重症化している人のデータをしっかりとって欲しい

薬は重症化した人限定で

ものすごい効果があったとはいえ一種の賭けでもあったと思う。とはいえ、特効薬への大きなヒントではあると思う。
これが安全であればしっかりと改良に取り組んで、コロナウイルス撲滅にはこれを投与すれば大丈夫、というものにして欲しい。

朗報と言えるニュースだと思います。
世界中の製薬会社が一致団結したら終息が早まる・・・
早まって欲しいです。

最近の病気はアフリカ等では無く中国が発祥。
何でも食べる文化は良いとしても生モノと生物を同じ環境で売買している風習は
もう辞めて戴きたいわ。
食するのは文化だとは思うが自分勝手に動く国民性を何とかして欲しい。

タイだから出来た事だね。とりあえず、色んな薬試してみる。日本だったら出来たかどうか。インフルエンザとエイズの薬を試す発想が凄い。人体実験とも言えるが、無残になくなるより、早期改善を目指してるんだから、それでいいと思う。タイを指示する。本人からしたら、なんでもいいから試してくれってなる。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス タイおわりに

今回は新型コロナウイルス タイに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス タイは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「いずれもRNAウイルスだから、効く可能性はあると思うが、かなり高価な薬だから、経済的にも何処まで使えるかだと思う。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事