海部福祉相談センターが沸騰中!愛知県は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

海部福祉相談センターがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

海部福祉相談センターの概要は?愛知県は?

海部福祉相談センターのニュースが次のように報道されています。

問題を受け、愛知県は「再発防止に努め厳正に対応する」などとコメントしています。

 愛知県の職員らが警察の要請で保護した高齢の男性を深夜の公園に放置していたことが分かりました。あきれたことに職員らは当初、「男性を見失った」と嘘の説明までしていました。

4日午後4時すぎ、謝罪をしたのは愛知県の海部福祉相談センターの責任者ら。先月17日、職員が高齢者に対し、あり得ない対応をしたといいます。
愛知県福祉局・平田雅也局長:「ご本人(高齢男性)を中村区内の公園へ移送し、そのままにして公園から立ち去った」
被害に遭ったのは70代の男性。先月17日、愛知県大治町のATMにいたところを警察に保護されました。キャッシュカードは持っておらず、筆談や会話ができない状態だったといいます。この件を引き継いだのが海部福祉相談センター。男女の職員が受け入れ先を探したものの見つからず、病院も拒否されたといいます。そんななか取ったのが保護とはまるで逆の行為。
男性は一時保護されましたが、名古屋市内の公園に1人、放置されていたということです。当時の気温は6度台で雨も降っていました。公園は名古屋市内で、意図的に管轄外まで連れていったといいます。問題は他にも…。
男性を放置した後、職員らは偽の名前を使って119番通報をしていました。命を守るための最低限の配慮だったのかもしれませんが、無責任と言わざるを得ません。他にも嘘が。放置の事実を隠すため職員らはこんな業務報告をしたといいます。
職員の業務報告:「男性を見失った」
放置との関係は不明ですが、男性は現在、脳梗塞(こうそく)の疑いで入院中です。問題を受け、愛知県は「再発防止に努め厳正に対応する」などとコメントしています。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200204-00000068-ann-soci

スポンサーリンク

海部福祉相談センターが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

保護男性を放置し嘘報告 県職員の呆れた対応

スポンサーリンク

海部福祉相談センターのネットの反応は?

たらい回し。受け入れ先がないことが一番の問題。警察は犯罪を犯して事件にならないことには動かない。またそれを待っているかのようにも感じる。刑務所が高齢化介護施設化するはず。この職員たちも悪いとは思うが、そうせざるをえない何らかの事情があったはず。報告を受けた上司もしかり。そうしないときりがないのだと思う。いわゆる仮病や精神疾患のふりをして福祉に面倒見てもらおうとする者もいるはず。119番から病院送りになって結局役所の福祉が治療費入院費を払うので結果は同じ。地域によってはいくらでもある事案だと想像できる。

福祉センターは、何のためにあるのか、業務内容、使命などを全く理解していない対応で言語道断だ。
高齢者の行方不明が多いようですが、地域住民に情報を発信して協力を得、親族の身元引き受け人を探す手段があるはずですか。

受け入れ先がなく病院にも拒否されたのか。
職員の対応はよくなかったかもしれないが、偽名での119番通報は、ある意味診察を受けさせる手段としては致し方ないとこもある。
最初に拒否した病院は非難されないもんだな。

これって立派な犯罪
刑事事件案件じゃないの?

処分と言っても
口頭で注意ぐらいで
処分の発表もしないだろうな

自分たちの仕事とは、いったいなんなのか?
誰のためのどんな仕事なのか、本当に理解してるのか?
役人は書類好きだが、人を紙切れくらいにしか思っていないのではないか?

こんな酷い対応が組織内で起きるとは驚き️
こんな組織はいらない!。どんな処分がでるのかな?。

「厳正に対応」はリップサービスですね。

大村左翼知事は引責辞任すべきですね。

この手の顛末のオチの「再発防止に努め厳正に対応する」的なコメントほど軽いコメントは無いよな。

公務員は責任を取りなさい。

スポンサーリンク

海部福祉相談センターおわりに

今回は海部福祉相談センターに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の海部福祉相談センターは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「受け入れ先が見つからない時には、どう言う対応をするべきだったのでしょうか。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事