コロナウイルス 世界 対応が沸騰中!差別を訴える声がある一方?画像や動画は?気になるネットの反応は?

コロナウイルス 世界 対応がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

コロナウイルス 世界 対応の概要は?差別を訴える声がある一方?

コロナウイルス 世界 対応のニュースが次のように報道されています。

差別を訴える声がある一方、「感染者はアジア人に多い。差別ではなく、予防です!」「欧米人にとって中国人も日本人も区別がつかない」といった声も…。アジア人排除は差別なのでしょうか、それとも身を守るための予防なのでしょうか。

 中国本土での感染者数が2万人を超えた新型コロナウイルスですが、ヨーロッパでの中国人やアジア人に対する「差別」が指摘されていて今、問題となっています。

日を追うごとに感染拡大を続ける新型コロナウイルス。日本では3日から感染者が一時、乗船していた大型クルーズを横浜港到着前に停泊させ、3700人の乗客に対して検疫を行う事態となりました。4日夕方にも終わるとされていた検疫は大幅に遅れ、終わったという情報はありません。また、全日空と日本航空は今後の成田と北京を結ぶ路線の減便、運休計画を発表。感染スピードを速める新型コロナに日本だけでなく、各国も対策に追われています。
4日、中国本土での感染者は2万人を超えました。こうした事態に習近平国家主席ら中国共産党の最高指導部は…。
中国共産党最高指導部:「今回の対応で脆弱(ぜいじゃく)な部分や至らない点が明らかになった」
対応の誤りを認める異例の姿勢を見せることに。そんな、世界中が「コロナウイルス」という言葉に敏感になっている今、新たな物議が勃発しています。
フランスのツイッターで「#私はウイルスじゃない」というハッシュタグが生まれたのです。「感染したくない」という思いから中国人のみならず、韓国人や日本人などアジア人全体に対してヨーロッパの人などからの「人種差別」が指摘されているのです。しかし、差別を訴える声がある一方、「感染者はアジア人に多い。差別ではなく、予防です!」「欧米人にとって中国人も日本人も区別がつかない」といった声も…。アジア人排除は差別なのでしょうか、それとも身を守るための予防なのでしょうか。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200204-00000075-ann-soci

スポンサーリンク

コロナウイルス 世界 対応が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

新型コロナで差別も?#私たちはウイルスじゃない

スポンサーリンク

コロナウイルス 世界 対応のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

もしこれがヨーロッパから流行ったコロナウィルスだったら、私も外人見掛けたら近づかないだろうし電車で横に座ってきたら逃げるわ。日本人だってアメリカ人もヨーロッパ人も区別つかないでしょ。みんな感染したくないんだもん、仕方ないよ。

元々潜在的に差別があるのは避けられず理性によって表面化するのを抑えているのだと思います。
それが今回の様な追いつめられた状況になって本性がでるのはやむをえません。
きっと平時に戻った時には差別したことを後悔する人や予防のためだったと言い訳する人が沢山でてくるだろう。

いやね、差別差別って言うけど、申し訳ないけどコレは差別じゃない。中国の方々も自国で大問題になってるのに、よくこんな時に海外旅行ができるよなって思う。自分は大丈夫だと安易な判断と変な自信があるのか、普通に渡航して旅行先で体調崩して実は感染してましたって人が多過ぎる。自国で流行してるという自覚と予防や二次感染にならない努力をしない方が多過ぎる。こちらも自分を守らなきゃならないので、申し訳ないが中国の旅行者がいたら正直 距離を置いてしまってる。これは差別ではない。中国の方々はもっと自分の置かれてる立場を考えてほしい。

差別されても仕方ない事態になってきていると思う。ただ元々現地に住んでいる方に対しては、同情します。

それよりも専門家は本当に調べたのか、隠しているのか分からないけど、
中国のこの増え方みると、もう空気感染していると思うのだが。飛沫のみでこんなに爆発的に増えるのか?
楽観視できる事態ではないでしょうWHOさん

感染者に接触しないようにしている人はみんな差別してるということだ。
感染こわいよー!うつりたくないから武漢の人との接触を避けよう。でも武漢の人なのかわからない。じゃあ中国人との接触を避けよう。でも、この人中国人なのかな?黄色人種(アジア人)との接触は避けよう。
日本人だってアフリカの人たちを瞬時に区別できる人はそうはいないと思う。
感染という自分の身が危険に晒されるリスクがあるなら見た目だけで避けるのは当然だと思う。
見た目で差別されたと言い張る者は、自分が感染していないと思っているからそう言ってるだけで、それなら感染者に対しての差別発言であることも自覚すべきだ。
差別無くして拡大を抑えることは今回はできないと思う。

私も中国人をウイルスだと思って避けます。
欧州の人が、日本人か中国人か韓人かわからないならしかたない。
中国人が自国で感染拡大してるなか、自分は感染してないとお気楽で海外旅行したり、症状あっても解熱させて偽入国したり、他国へ迷惑かける行動をなんとも思わない人を庇う必要ないやろう。
巻添えをくう日本人や韓人は納得いかないかもやけど、欧州の人達に対し仕方ない事だと受けいれるしかない。

どこかの記事で『人権より人命』ってのを見かけたけど
今まさにその状態。
自分も地元の観光地で中国人の団体客を見かけて距離を置いたもん。
頭じゃ分かってるつもりでいても命には変えられないからね。
やるせないけど現実。
収まるのを待つしかない。

貴方はウイルスじゃないかもだけど、中国人がウイルスを世界中にばら撒いたのは事実なのだから、東洋系が白い目で見られるのは仕方がない。
他の人種の顔なんて見分けつかんでしょ?
異常事態なのだからなおさらなのではないでしょうか。
これは差別の一言で片づけられない問題。
責任は中国政府にあると思う。

現時点では感染者は東洋人がほとんどなんだから、ヨーロッパ人からすればまずは見た目で判断して中国人っぽい人(日本人も含めて)を避けるのは感染予防のためには合理的だし、気持ちは分かります。
私だって差別の気持ちとかからではなく中国人がいれば警戒しますし。

私たちはウイルスじゃないかもしれないし、私たち全人類がウイルスに感染しているかもしれない、そしてそれは誰にも分からない。検査しない限り。

フランス人のアジア人差別?つまりそのフランス人たちも感染者かもしれない。
感染者が感染者を差別しているかもしれないし、感染者が非感染者を差別しているかもしれない。無症状、無自覚感染者が一番恐ろしい。

スポンサーリンク

コロナウイルス 世界 対応のネットの反応は?Part2

いや、けど今はもう仕方ないんじゃないかな。逆の立場を考えても、同じ事をすると思う。
ただひたすら、終息を待つしかないと思う。

これは致し方ないかも。
私自身も、そんな立場なら距離を置かれて当たり前と思うし、逆にそうして貰って結構。
インフルになる時も本当に人に会いたくないから、自分で閉じ籠ります。
思いやりがそこにはある。

仕方ないです。アジア人は同じに見えるでしょうから。
中国は、何故、衛生や何でもかんでも食べる習慣を規制出来ない?まずそこでしょ。
隠蔽体質も変わる気はなさそう。
WHOも中国汚染されていますので信頼出来ない。

差別かも知れないけどだった1人見逃すだけで
大変な事になる
実際に、なってる

論点を最初から間違ってた。
終息段階で無いにも関わらず脅威を絶好の非難するチャンスと観た尖閣問題の報復とばかり騒いだ日本のあやまち。感染の広まる中で労わりが最優先されてればアジアと一括りで非難で無く労わりが先に来たはず。

あなたはウイルスです。そう思って近づかないのも予防になります。自分を守りたい、普通はそう考えます。仕方ない事です。耐えましょう。

朝日新聞って、日本にとってのウイルスだろう? 外来にしめられてるし、国内で繁殖努力してる。でも、日本の免疫力が結構良いから、最近は個体数が減少してる様ね。最終的には退治出来るかも。

中国の代表が未だに対応が…って言ってて草。
新型ウイルス相手に対応してくだけでは後手後手になるってのがまだ分かってないのか。思い切って完全に出入り禁止して一気に封じていかんとキリがないよ。

当たり前の防衛本能
さらに発祥は信用のない国
日中韓を区別できる人は少ないから不安になるのは仕方ないだろう

そんな単純な答えにすらたどり着かずに不平を言えるってすごいね

今回は仕方ないと思うけどなー
感染するかしないかなんて、外見では解らない訳で、武漢出身なのかも解らないから、中国人ってのもどうしようもない。
日本人でもそんな扱いされるだろうけど、それも仕方ないと思う

スポンサーリンク

コロナウイルス 世界 対応おわりに

今回はコロナウイルス 世界 対応に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナウイルス 世界 対応は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「でも、そうじゃない。信じて?と言われても、信じられる訳がない。少なくとも、今の異常な状況、非常事態が完全に終結するまでは、信じられない。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事