トランプ大統領 弾劾裁判が沸騰中!波紋?画像や動画は?気になるネットの反応は?

トランプ大統領 弾劾裁判がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

トランプ大統領 弾劾裁判の概要は?波紋?

トランプ大統領 弾劾裁判のニュースが次のように報道されています。

格式高い一般教書演説の舞台で繰り広げられた応酬が波紋を広げています。

 弾劾(だんがい)裁判が続くなか、大統領の重要な演説でまさかの一幕です。

大統領が政策課題をアピールする一般教書演説の直前。壇上にはトランプ大統領の弾劾裁判をリードした野党・民主党のトップ、ペロシ下院議長がいます。演説の原稿を受け取ったペロシ議長は握手を求めて手を差し出しますが、トランプ大統領は無視します。それを受けてか、今度はペロシ議長が反撃に出ます。演説が終わった直後、ペロシ議長はトランプ大統領の演説原稿をビリビリと破り捨てました。格式高い一般教書演説の舞台で繰り広げられた応酬が波紋を広げています。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200205-00000046-ann-int

スポンサーリンク

トランプ大統領 弾劾裁判が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

握手無視トランプ大統領に 議長が原稿ビリビリと・・・

スポンサーリンク

トランプ大統領 弾劾裁判のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

ペンスとも握手はしていないし、、それと大統領を紹介する時に、伝統である「高い権威と名誉を持って、あなた方にアメリカ合衆国大統領を紹介します」を単に「アメリカ合衆国大統領を紹介します」にしていたところから、既にバトルは始まっていた。観覧するこっちにとっては、面白い見ものでした。ありがとうございました

まだ暴力沙汰・戦闘になっていないだけで、アメリカも内戦状態。トランプの分断専横政治にあおられるまわりのメンタリティを象徴する場面だ。

握手を求めるのは慣例なのかな?大統領はスルーしてたけど。
弾劾決議した下院議長だからね。何で握手求めたのか。

下院議長は大統領の後ろでずっと敵意丸出しの映像が流れていたね。
原稿破りだけでなく。

弾劾裁判では無罪かもしれないが、疑惑が晴れたわけではない。
だが、アメリカという国は法律に則った手続きの中で無罪を勝ち取れば何もなかったことになる。
つまり、金と権力だけの国だ!
ペンスの行為はアメリカ国民の歯がゆさの象徴かもしれない。

トランプには何も期待してないが、ペロシ議長はもったいなかったと思う。大人の対応をした方が支持が広がったと思う。

上院選挙で民主党が過半数取るまで我慢出来ないらしい。
まぁ弾劾も無罪放免になりそうだしやるせなさがビリビリに表れていますね。

面白い(笑)。
何処の国にも感情が制御不能になる政治家はいるもんだね。

いい年こいて大人気ないね。
ここはじっと我慢して大人の対応をすれば株が上がったのに。

最高!こうでなくっちゃ、政治は面白くない!

日本の政治家ではできないだろうな?

壇上から投げ捨てなかった
のが残念

スポンサーリンク

トランプ大統領 弾劾裁判のネットの反応は?Part2

これ見よがしに原稿破ったのは逆効果だね。
あの映像見て不快に思わない人いないもん。

これは…名場面、後世伝えたい

握手の手に気づかなかっただけに見えるが。
というか、トランプに握手を無視させたように見せかけるわざとらしいタイミングだな。

トランプの自己満足の下手な演説聞く時間がもったいなかったんだろう。

握手を無視したのはトランプだけど、今回はペロシの印象の方が悪化したんじゃないかな。もったいないし、残念。

面白いね。アメリカらしいユーモアだ。

面白すぎる!ペロシさん最高!これでつぼらない人はいません!

安部政権は証拠隠滅でシュレッダー使います!

猛獣トランプにはこのくらいのことをやり返してちょうどいい。ペロンさんの気骨、ステキです!

トランプの問題はそれとして、理性的でないものが行う政治は所詮知れている。

スポンサーリンク

トランプ大統領 弾劾裁判おわりに

今回はトランプ大統領 弾劾裁判に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のトランプ大統領 弾劾裁判は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「普通、こういう場合は欧米人はお互い握手を求める。トランプがわざと無視。意趣返しにペロシはビリビリ。トランプならではだろう。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事