民間フェリー はくおうが沸騰中!はくおうは当初?画像や動画は?気になるネットの反応は?

民間フェリー はくおうがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

民間フェリー はくおうの概要は?はくおうは当初?

民間フェリー はくおうのニュースが次のように報道されています。

はくおうは当初、7日に中国・湖北省からチャーター機で帰国する予定の日本人らの宿泊先として検討されていました。

 新型コロナウイルスへの感染者が確認されて乗客ら約3700人がクルーズ船から下船できないことを受けて、政府は自衛隊員を最大100人程度派遣して医療支援などを行うことを決めました。

自衛隊員は乗客らへの生活支援を行うほか、医官が健康相談などの対応にもあたる予定です。その自衛隊員の宿泊場所として、防衛省が借り上げている民間フェリー「はくおう」を活用します。はくおうは当初、7日に中国・湖北省からチャーター機で帰国する予定の日本人らの宿泊先として検討されていました。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200206-00000043-ann-pol

スポンサーリンク

民間フェリー はくおうが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

自衛隊がクルーズ船支援 新型コロナ感染拡大を防止

スポンサーリンク

民間フェリー はくおうのネットの反応は?

自衛隊が動いてくれるのを今か今かと待っていました。
漸く出番が来ましたね。
自衛隊員の皆様も、どうかくれぐれも感染しないように任務に当たって下さい。
救世主のようで心強いです。

今回のニュースを見ると、日本も病院船や揚陸艦が必要です。すぐに憲法9条騒ぎで反対する日本ですから。
アメリカのサンアントニオ級の揚陸艦が、良いモデルです。LCACとヘリコプターの運用能力有ります。いずものような、空母型もセットでは有効です。いずも、おおすむクラスは、残念ながら小さく容積や搭載量が不足です。毎年の災害、将来発生が予想されている、大地震、火山噴火等、日本は自然災害の被害大である。整備するには良い時期です。最低3隻無いと、常時1隻は活動出来ない。その内火葬船も必要になります。ちなみに、はくおうは、新日本海フェリーの転用です。自衛隊の装備ギリギリしかなく、やむを得ません。

自衛隊の皆様は、台風の災害の支援や豚コレラの殺傷処分、そして今回のコロナウィルスといい便利屋に使われて、トイレットペーパーの長さも冷暖房の時間も節約されており制服や装備品の一部も高速道路代金も財務省の緊縮予算で不足してとても劣悪な環境で頑張っていただいています。野党も、公明党も親中派議員も憲法9条2項の廃止も財政上4条の廃止もしないので、世界標準のGDPの2%の予算の半分でギリギリの環境で頑張っておられます。ぜひ、国民が、こういった国家安全保障や国防の意識をしっかり持って財務省に国防予算を倍増するように働きかけましょう。誠実に頑張られるきもちがあってもお金がなければ何もできません。

自衛隊も大変だな。

わがまま放題の中国からの帰国者よりましかな?

こんな時期に危険な旅行をしている自覚のない連中かもしれない。

感染しないように頑張って欲しいものだ。

もし、ふだん自衛隊はいらないと言っていた人がいたら支援を受けないでもらいたい
困った時だけあやかろうなんて都合が良すぎる

ここ数年、本当に自衛隊の皆さんには、助けられている国民は多いと思います。

野戦病院に対応したマニュアルもあるし、サリン事件の時もご活躍したしな

対ChinaチスNBC防御の一環としては有効だと思う。

近い将来、彼らはあらゆる手段を使って攻撃してくる事になるだろうから…。

ありがたいね。皆が必死で感染拡大阻止のため働いている。クルーズ船の乗客もぶちぶち客気分で文句言うことのないようにな。検査などにはしっかり協力しろ。待たされても人数多いんだから仕方がない。何度も言うがおまえらは客じゃない。協力が嫌なら海にでも飛び込め。

自衛隊がクルーズ船を支援するとか
海上自衛隊の護衛艦がクルーズ船を護衛して太平洋の沖合に連れ出すのか?
コロナウィルスを日本列島から引き離すのが狙いなら理解はできる

スポンサーリンク

民間フェリー はくおうおわりに

今回は民間フェリー はくおうに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の民間フェリー はくおうは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「いい判断です。自衛隊の皆さんは大変な任務ですが頑張ってください。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事