ウエステルダム号 カンボジアが沸騰中!運航会社は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ウエステルダム号 カンボジアがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

ウエステルダム号 カンボジアの概要は?運航会社は?

ウエステルダム号 カンボジアのニュースが次のように報道されています。

運航会社は「乗船者の感染はこれまで確認されていない」と強調しています。

 ウイルス感染への疑いがあるとして日本やタイ、フィリピンなどから入港を拒否されていたクルーズ船「ウエステルダム号」がカンボジアの港に到着しました。

ウエステルダム号を運航している会社は、クルーズ船が13日にカンボジア南部のシアヌークビルに寄港すると発表しました。乗客全員が船を下り、チャーター便の飛行機で首都プノンペンへ移動した後、それぞれが帰国の途に就くということです。ウエステルダム号には日本人5人を含む乗客乗員約2300人が乗っていて、1日に香港を出発して沖縄にも寄港する予定でしたが、感染者がいる可能性があるとして日本政府から入港しないよう求められていました。運航会社は「乗船者の感染はこれまで確認されていない」と強調しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200213-00000026-ann-int

スポンサーリンク

ウエステルダム号 カンボジアが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

感染疑いの「ウエステルダム号」カンボジア到着

スポンサーリンク

ウエステルダム号 カンボジアのネットの反応は?

ラスボス登場

日本はもう一人のラスボスにやられそうだ

私が乗船してたら心配ですけど、大丈夫ですか?

シアヌークビル港は立ち入り禁止区域だ。数年前に釣りに行こうとして阻止された。

カンボジアがどこまで対応できるのか。見物だ。

なぜ
旅行会社のある国や船籍国は
何もしないんだ?

受け入れている国は
WHO・他国・自国・乗船者からの批判やクレーム処理をしながら
出来る限りのサポートをしているのに
責任を持つべき国や会社の目立った動きが見えない。。。

旅費の返金をお知らせする。とかよりも先にやることがあると思います!

親中国のカンボジア政府に感謝、一方批判を恐れて拒否した日本政府、今後のインバウンド戦略に禍根を残した。
インバウンド戦略で恩恵を享受してきた地方行政府の情けなさ。

日本は受け入れて地獄を見ているからね
感染者隔離施設と化したクルーズ船は厄介者だよ

媚中国カンボジアに検査、治療する能力があるとは思えない。感染者数は正確にカウントされていない。アジア大陸にますます拡散されてしまうだろう。

ウェステルダム号「乗船者の感染はこれまで確認されていない」
日本政府「国内での感染はこれまでほぼ確認されていない」
そりゃ検査してなければそうなるわな

カンボジア下船後、チャーター機✈️でプノンペンへ移動。
では、プノンペンからは、各自別の飛行機で、帰国するの?
日本に入国できるのでしょうか?
やはり、船⛴️はダメ、飛行機✈️ならOKなのでしょうか?

スポンサーリンク

ウエステルダム号 カンボジアおわりに

今回はウエステルダム号 カンボジアに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のウエステルダム号 カンボジアは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「20人疑いある為血液採取して検査してるね。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事