日産自動車 決算が沸騰中!純利益は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

日産自動車 決算がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

日産自動車 決算の概要は?純利益は?

日産自動車 決算のニュースが次のように報道されています。

日産の12月までの決算で販売台数が世界的に減少し、純利益は前の年の同じ時期と比べて87.6%減の393億円でした。内田社長は追加のリストラを行う可能性を示唆しました。

 日産自動車が発表した去年12月までの9カ月間の決算は純利益が9割近く減り、深刻な業績不振が明らかになりました。

日産自動車・内田誠社長:「(業績不振は)販売台数の影響が一番です。正直申し上げて、我々の想定を超えるレベルになっているのが今の状況です」
日産の12月までの決算で販売台数が世界的に減少し、純利益は前の年の同じ時期と比べて87.6%減の393億円でした。内田社長は追加のリストラを行う可能性を示唆しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200214-00000014-ann-bus_all

スポンサーリンク

日産自動車 決算が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

日産 世界的な販売不振 純利益約9割減に

スポンサーリンク

日産自動車 決算のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

ひとごとですけど、
「新車出してましたっけ?」って、思うくらい、
フルモデルチェンジがない。

たしか去年は、三菱との共同開発車しかなかったのでは。

ものづくりは受け入れられてなんぼ、売れてなんぼ、なんですかね。
『技術の日産』は遠くなりました

経営陣の犯罪やゴタゴタのイメージダウンの影響が、販売不振の要因だと追うけど、そのつけを末端の社員や下請け業者が背負わされる。
しょうがないのかもしれないが、何か間違ってるように思えます。

ゴーン事件だけの影響ではなく、今の日産に魅力的な車がないのも問題

特に売れそうな車ないもんな。
セレナに頼りきり?
あれも他社に比べたら古いモデルってイメージがあるし。

「追加のリストラ」において、ゴーン氏批判は棚上げでは、説明困難では?、

日産に欲しい車が無い!
型落ちの古い車の新車?しかないんだからユーザーが買う訳が無い。
モデルチェンジとかする気無いんやろな。

良くも悪くもゴーン頼みだったとは,実に情けない。

とうの昔に魅力の無いメーカーに成り下がり果てとるので、潰れてしまえばよろしい。しばらく在籍してたけど、まあ酷い会社でしたよ。

連合の軒並み赤字ですね
更にブランド低下は避けられないでしょう
ゴーン氏に頭下げて戻ってきてもらった方がよくないですか?

まあゴーンが来る前から経営不振だったし倒産してしまうような会社だったんだろう

スポンサーリンク

日産自動車 決算のネットの反応は?Part2

このまま衰退していくだろうね。

なんか他人事のコメントですね。

クビにするだけでしょう。

ゴーンがいてもいなくても

このあと会社がつぶれそうになったらレバノンに楽器箱を送付してゴーンに入ってもらってプライベートジェットを飛ばし関空から密入国させて、また社長になってもらってコストカットしてもらえばよい。

従業員のリストラよりも前に経営が出来ない経営陣の首切りから始めたら?

案の定ゴーン前の泥船状態に戻った訳だ。

完全にゴーンの余波が出ている。
余りにも悪いカルス・ゴーンの言動とイメージ。
かつては日産を再起させた辣腕社長も公私混同の私利私欲で日産の名を傷つけた。

そのゴーンを会長に据えたフランス政府の責任も大きく日産はその付けをフランス
政府に払わせれば良い。そして離脱を視野にいれ改革を進めるべきだと思う。

日産は、顧客が望んでいる車種を増やさなければ、何れ見捨てられる!
e-POWERだけじゃ生き残れん。

マーチ・ジューク・キューブ・シルフィのユーザーへ…ノートはどうですか?

ティーダ・ウイングロード・10年落ちエルグランドユーザーへ…セレナはどうですか

そりゃソッポ向かれるわ

なお世界的には100万$以上値引き出しても売れないらしい

スポンサーリンク

日産自動車 決算おわりに

今回は日産自動車 決算に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の日産自動車 決算は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「大して欲しいと思うような、これはいいなと思うようなクルマがない、それだけのこと」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事