新型コロナウイルス 感染源 野生動物が沸騰中!草案は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新型コロナウイルス 感染源 野生動物がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染源 野生動物の概要は?草案は?

新型コロナウイルス 感染源 野生動物のニュースが次のように報道されています。

この生物安全法の草案は去年10月に策定されていましたが、今回の新型ウイルスの感染拡大を受けて具体的な対策内容が強化されるものとみられます。

 新型コロナウイルスの感染源が市場で売られていた野生動物であると指摘されるなか、中国の習近平国家主席は「生物安全法」の整備を急ぐよう指示しました。

習主席は14日、共産党の指導部の会議で「人民の生命と健康を確保することは党の国政運営における重大な任務だ」と強調しました。そのうえで、動物や植物から発生するウイルスを予防したりコントロールするなどして重大な感染症を防ぐ生物安全法の成立を急ぐよう指示しました。この生物安全法の草案は去年10月に策定されていましたが、今回の新型ウイルスの感染拡大を受けて具体的な対策内容が強化されるものとみられます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200215-00000039-ann-int

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染源 野生動物が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

習主席 「生物安全法」の成立急ぐよう指示

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染源 野生動物のネットの反応は?

これは、今噂になっている、今回の「新コロナウィルス」の人口的な開発途中における「漏出事故」を暗に食い止めるべく法律化して管理全体を厳格にすることが必要と考えたからじゃないかと思う。

「生物安全法」の整備なら、まずは中国人に最も危害を及ぼしている危険生物「プ~さん」対策を忘れちゃならない。

ちょいまちーな。野生動物ちゃうやろ。
ウイルスをカナダから盗んだんでしょ。武漢で研究してて、どっかから漏れたんでしょ。真実は捻じ曲げないでね。誰も信じないから。

世界第二の感染地となってしまった日本国。安倍政権の責任だが、もうプーさんを叩くことも叶わなくなった。今さっきまで見下げていた中国人と何ら変わらない。ばかがトップだとこうなることはわかりきっていた。いつまであの男に任せておくのか?

東南アジアでも生き物の取り引きやってるけど、発生したことないのでは?いつも中国内陸。どうしてだろう

マスクのゴムは緩いし、鼻の辺りはユルユル!
と、言う事は習が居る辺りは安全なのか? 国民がいくら死亡しても、共産党が残ればええんじゃろね。

じゃあ中国が消えないとね☆

まずは北の将軍様の豚コレラが先やな

中国固有の食文化を守りたいなら
中国共産党による情報隠蔽を
何とかしろ。
中国共産党に都合の悪い情報を
隠蔽するからパンデミックを
防げなかった。
裸の王様、習近平を断罪すら出来ない
歪な国家体制が全ての原因だ。

習近平のおっさん今頃何を言い出すねん‼️散々ウィルスを撒き散らしてアホかっ‼️
眠たい事ぬかす前に全世界に謝罪しやがれ‼️

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染源 野生動物おわりに

今回は新型コロナウイルス 感染源 野生動物に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 感染源 野生動物は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「これで「中国の対応は評価される」みたいだから世も末だな」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事