エアロゾル感染 新型肺炎が沸騰中!今回の肺炎の特徴は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

エアロゾル感染 新型肺炎がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

エアロゾル感染 新型肺炎の概要は?今回の肺炎の特徴は?

エアロゾル感染 新型肺炎のニュースが次のように報道されています。

今回の肺炎の特徴は肺に大量の粘液がたまることで、粘り気が非常に強いため呼吸が苦しくなるということです。さらに、肺の内部の炎症が極めてひどいとしています。

 中国政府の現地調査チームのリーダー・鍾南山医師は新型コロナウイルスによる肺炎について、肺に大量の粘液がたまるなどの特徴を明らかにしました。

鍾医師は18日の会見で、新型肺炎で死亡した患者を解剖したところ、肺の症状がSARS(重症急性呼吸器症候群)の患者とは違う点があるとしました。まず、SARSは肺が硬くなって呼吸がしづらくなる「肺の線維化」が見られましたが、今回は重い線維化の症状があまりないということです。一方で、今回の肺炎の特徴は肺に大量の粘液がたまることで、粘り気が非常に強いため呼吸が苦しくなるということです。さらに、肺の内部の炎症が極めてひどいとしています。また、便の中のウイルスが空気中に漂い、エアロゾル感染が起きる可能性も指摘しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200219-00000001-ann-int

スポンサーリンク

エアロゾル感染 新型肺炎が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

中国の鍾南山医師 新型肺炎についての特徴明らかに

スポンサーリンク

エアロゾル感染 新型肺炎のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

うわぁ…。この発表、何だか余計に恐怖を感じます。
便の中のウイルスが巻き上がるって、流す瞬間とか流れてる間にも巻き上がるってことだと解釈しちゃいましたけど…。
公衆トイレとか、外出先のトイレとか本当恐怖を感じる発表内容ですね。

肺炎を引き起こすウイルスなのに、口から入って胃酸に消化されず、
そのまま便に残ってエアロゾル化するって……。普通の肺炎ウイルスじゃなよね?

無症状でも感染する=自覚無くばらまく。
潜伏期間が異様に長い。
高齢者、持病持ち等の医療費が高い人が重症化。
治っても抗体が出来ない。

よくできたウイルスですね。

インドネシアなどでも生きたコウモリを売買しているのに発生しないのはやはり中国の生物兵器ではないか。
あんなに都市を閉鎖しているのも気になる。
中国は怖さを知っているからでは。

知識のある医師や看護師がどんどん感染していく事に恐怖を感じる。一般人の心理として、逃げ場はマスクと消毒くらいしか無い。未知の見えない恐怖に皆怯えている。日本がどうなるのか心配である。

感染経路が完全に都市部や人間の生活環境で拡散することを目的に作られた人工ウイルスじゃん。こんな人間生活に都合よく感染が広がる自然発生のウイルスなんてあるわけがない。

空気感染しないということを散々言われていたが、あれは一体何だったのか。
便からであろうと、何からであろうと、空気感染には違いない。
接触感染や飛沫感染だけで、ここまで感染が拡大したというのは、何かおかしいと感じていたが、結局そういうことだったのか。
致死率が比較的低いとはいえ、感染者という母数が増えれば、被害が大きくなってしまう。
中国とかかわると、ろくなことがないな、、、

治っている方もいるが、持病の無い若い方も亡くなっている。
粘液が溜まる...苦しいんだろうな
とりあえず、多くの方が使う駅などの公共トイレは使用しない方がいいですね。
日本の医療従事者ですら容易にうつるかなり感染力の高いウイルス。
皆様も気を付けてください

このウイルス感染力が半端ない。医療機関もあっという間に受入に限界が来るだろう。

日本政府に今すぐやって欲しいのは、国民が毎日不安を感じながら満員電車に乗るよりは、2週間だけ通勤や通学は休みとして必要以外は家で待機するようにしたがよい。

タイミングは感染が拡がる前の今しかない。

もちろん生活に必要な物流や店舗や医療機関や警察や消防は除くが、なるべく人との接触は避けて、一般の人は外出を控えたがよい。それが今できる一番の感染症防止策かも知れない。

このままあと2週間放置すれば、日本中が感染者だらけになるだろう。多くの犠牲者が出て動くのでは遅い。

感染症対策は小出し小出しに対策を出していくのでなく、最初に思いきった対策を施して少しずつ緩和していく方法が正解。あの時こうしておけば良かったでは済まされない。

武漢肺炎を撒き散らした中国の責任は重いです。

スポンサーリンク

エアロゾル感染 新型肺炎のネットの反応は?Part2

これは、やはり細菌兵器で造られたものじゃ無いだろうか?多分全てが企画外の形相を呈していると思う。最も拡大させてはいけないウイルスのようだ。ぬるい判断は禁物で、国の本格的対応が、国民の生死を分ける状況だと思う。思い切った対策が早急に必要だと私でさえも感じる。経済どころでなく、ましてや、忖度どこ炉でない。国民の命第一主義で方向転換してほしい、と、切に願う!

自分の家族全員、痰のからむ咳が3週間ほど治らない
「今回の風邪は痰がからむよね」
と楽観的だったが、この記事を見るとだんだん不安になってきた……

これでコロナウイルスの発生源は海鮮市場ではなく、
「新型コロナウイルスは人間が造った生物化学兵器」「新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所の実験施設から流出」が証明されたのでは。

どうして新型ウイルスが武漢に集中し拡散。
そしてウイルスを人に伝えた病原体、中間媒介に当たる宿主が見つからないのか。

そしてこの張本人は武漢P4研究所副主任石正麗

この人は過去に「コウモリからコロナウイルスを抽出し新種のコロナウイルスを研究する」という講演会を行ったことがある。
そして今この新型コロナウイルスの開発者として批判されている。

以前からずさんな管理を指摘され続けてきた
武漢P4研究所。

現役研究員の1人が目撃情報も暴露したので石正麗の「人工ウイルス説」の信憑性がほぼ確定に高まっている。

鍾先生も本当にお気をつけて。あなたがいなかったら中国は、世界は終わる。いいお歳だから、本気で心配です。頑張ってくれてる方だから。

致死率が極めて低いとか最近のニュースでよく聴くがそこはそうかもしれんがどこで感染したのかもわからず重篤化になってる人がいるのは非常に恐怖を感じるし症状が出ない保菌者の数が計り知れないのも怖い

2月上旬に「臨床像がわかってきた」「正しく怖れることが大切」とかのたまってたのはなんだったんだよ
特異的治療法どころか感染経路や臨床像すら解明途上だったんじゃ正しくもクソもないんじゃないか
やっぱり不要不急の外出だけでなく一切の外出を自粛するのがベターかな、高齢者や疾患のある方は店や病院が機能しているうちに物資を買って仕事休んで籠りましょう

ほんと…やってくれたな中国人よ…

どうも中国の発表が信じられないまま。。
感染者数に、死亡者数、感染経路にと、どうも本当じゃなく罹患者数、致死率も重篤率もっと高いような。
治療法もマラリアと言ってみたり、HIVと言ってみたりして何か頑張ってますアピールと面子の為に現場の混乱を招いているだけのような。

エアロゾル感染するってことですね。。
早く政府主導のもと出社自粛命令を会社に出して欲しい。
咳が出ててもマスクして出社してる人がたくさん居ます。
みんな家族を抱えて必死なんです。お願いします。

>今回の肺炎の特徴は肺に大量の粘液がたまることで、粘り気が非常に強いため呼吸が苦しくなるということです。さらに、肺の内部の炎症が極めてひどいとしています。また、便の中のウイルスが空気中に漂い、エアロゾル感染が起きる可能性も指摘しました。

エアロゾル感染は、ウイルスが空気中を漂い続けるので恐ろしいものです。通常の空気感染は水分が多いため漂い続けないとの違いがあるのです。

国内の情報は、当初から「濃厚接触でない限り伝染しない」とか「弱いウイルスだ」とか、亡くなる確率が2パーセントだとか軽く扱う姿勢でした。

こんな伝え方をするのは、あまりに楽天的です。そして、それを改められない役所やメディアであってはなりません。きちんとした情報発信を常に心がけるべきだと思いませんか。

中国からのインバウンド確保でカネを得ようとしか考えない日本政府は、それを正当化してきたのです。だからダメです。

スポンサーリンク

エアロゾル感染 新型肺炎おわりに

今回はエアロゾル感染 新型肺炎に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のエアロゾル感染 新型肺炎は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「エイズ薬が効くとかマラリア薬が効くとか今までのコロナウイルスとは明らかに違う。これって人工的に作られたウイルスなんじゃないの。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事