郵便局員 年賀状 ノルマが沸騰中!衣川社長は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

郵便局員 年賀状 ノルマがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

郵便局員 年賀状 ノルマの概要は?衣川社長は?

郵便局員 年賀状 ノルマのニュースが次のように報道されています。

日本郵便の衣川社長は自爆営業が今も一部の現場で続いていることを明らかにしました。理由については「拠点数が多く、指示が現場に徹底しない」と説明しています。

 日本郵便は年賀状などの販売ノルマを達成できない郵便局員が自腹で買い取る「自爆営業」が今も続いていると明らかにしました。

日本郵便・衣川和秀社長:「(自爆営業は)完全になくなっていますと言える状況ではない。(年賀状を)枚数単位で割り当てるようなことをしないように指示しているが、どこかで守られていない」
保険の販売不正や職員が自腹を切る自爆営業問題を受けて、日本郵便は過剰なノルマがプレッシャーになっているとして去年、ノルマの廃止を打ち出していました。しかし、日本郵便の衣川社長は自爆営業が今も一部の現場で続いていることを明らかにしました。理由については「拠点数が多く、指示が現場に徹底しない」と説明しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200220-00000006-ann-bus_all

スポンサーリンク

郵便局員 年賀状 ノルマが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

ノルマ廃止のはずが・・・日本郵便 今も“自爆営業”

スポンサーリンク

郵便局員 年賀状 ノルマのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

構造上の問題。
指揮系統が統制出来ない!って、かんぽのときにも問題視されてませんでした。

原因は…同じかと。
そこにメスが入らない限り、解決しません。

改善策が形だけが理解できる。上部まで情報が上がってくるといいながら バワハラ 恫喝等で通報しても処理は1割。ノルマは完全に廃止するといいながら 廃止されないで残っている。かんぽ生命保険 ゆうちょ銀行投資信託の不正犯罪で刑事事件に当たるものも逮捕立件されない。3月末で営業再開はあり得ません。来年度いっぱい業務停止命令を金融庁 監督官庁は再度行うべきでは。それでなければ金融庁 監督官庁も政治との癒着忖度ですね

拠点数が多くて指示が浸透しないなら、早々に郵便局数を減らしましょう。
狭い範囲に乱立する都市部の郵便局や、局長と社員1名しかいない2名局なんて本当に不要。
約半分の10000局まで局数減らしても、ユニバーサルサービスは維持できます。
悪しき特定局長会を解体して、不要なコストを削減しないと日本郵政グループを維持なんてできない。

ろくでもないないのはトップだけでなくトップのご機嫌とりでのし上がった幹部がまだまだノルマ体質から脱却していない。
なので社員教育は幹部教育からしないとずさな体質は変わらない。
そのような人は教育しても無理そうなのでお辞めいただくべきなのだろう。

従業員を大事にしない組織に未来は無いんじゃないの?
こういう記事を目にすると 今後益々年賀状離れが
進むんじゃないの? 事前に「年賀状はメールにしましょう」と
お互い確認さえすればまったく失礼にならないし…
昔は年賀状は稼ぎ頭の一つだったかもしれないけど
いつまでも”次の一手”を打ち出せず 販売減を身内である
従業員に追わせちゃぁダメだよ 。

拠点数が多くて管理できてないなら、減らすか、人数入れるかした方が良いと思う。
拠点数は増やします。管理はできません。仕方ないでしょとはならない

ノルマと言う言葉が昨年度実績の月の金額の目標値に替わっただけです。横暴な人事を改善できる訳ありません。私は人事調整役にパワハラ以上に家族の未来はないぞとまで脅迫を受け精神疾患を発症しました。特定郵便局では労災申請も無視され、診断書を提出し、暫く休みましたが病休扱いにせず、診断書も無視し、勝手に有休処理されました。警察から本社経由で支社にきちんと調査し、人事担当の脅迫を認め、脅迫を受け、無理矢理処分した件を撤回するように電話して頂きましたが、本社支社ともに無視しています。管理者のパワハラ、恫喝は度が過ぎており何人も精神疾患、自殺者まで出ております。統括、副統括等の好み、好き嫌いで処分、配置転換の横暴な人事。長年勤めベテランの社員を局長にするか好みで決めている。選ばれなかった社員は損益から単マネに配置転換されついていけずに退職している。機能重視のマネージメントと言って正当化しています。

郵便局だけが取り上げられてるけど、他の職種なんかも普通に自爆営業あると思います。表面上無くなったように見せるだけで、これから先も無くなる事はないかと。

もっと企業への罰則強化求む。

地方都市の社員200人クラスの局だけど個人の指標、目標はありません。
班に対して目標があります、班長は班員にどんな指示をしてますか?と年賀状の時はずっと言われてました。
今だに切手とレターパックは毎週1日必ず売らないといけない日があり、班長が自爆です。
結局、個人には言いませんが班長には言いますよ、に変わっただけ。
ただ売らないと会社としての売り上げも減るのでそれなりの売り上げは会社である以上必要だと思う。
やらない人を叱責するのでは無くて、売った人を非正規、社員関係無く評価、賞賛して給料なりを上げてやれば良い、売ってる非正規さんが売らない社員より給料高いって事になれば非正規さんも頑張れるのでないかな。
勿論、正当な販売方法でという前提です。

在職中のノルマは少ない時で8000枚位で、多い時で12000枚位でした。
ノルマ達成社員の殆どは親戚、知人、嫁さんのコネも使って休日もオーダー取りや購入してもらった年賀状の配達に奔走してましたね(当然サービスで無給)。

自分は途中から面倒になり、自爆とわからないよう購入してチケットショップで換金、年賀時期を過ぎると切手に替えてチケットショップで換金してました。
ノルマが達成出来ないと朝のミーティングで課長やその上からプレッシャーをかけられるわで散々、そこにお歳暮やらふるさと小包やらの年間目標が未達成だと更に悲惨な状態
となると、年賀状だけで無くその他のノルマのある郵便商品は泣く泣く自爆と言う結果

自宅は在職中は年賀状とふるさと小包が大量に転がってました、今は平穏です

郵便局の体質なんか変わる筈がない、存在してる間は水面下でノルマは存在し続ける筈

スポンサーリンク

郵便局員 年賀状 ノルマのネットの反応は?Part2

田舎には必要悪郵便局
私は北海道の人間ですが田舎に行けば金融機関は郵便局かJA
田舎では持ちつ持たれつが必要なのかも知れません
ただ札幌に住んでて思うのはこんなに札幌に郵便局いる?
しかもATMの多さ
北海道の地方銀行大手北洋銀行が、店舗をガンガン減らして
自社ATMをもガンガン減らしています
確かに不便を感じますが最悪コンビニも有るし

昨年度の同日比とか、あくまで目標とか言葉を巧みに替えてるだけだろう。
そんな数字出した途端、後で達成できないとギャースカピースカ上部機関や上役が騒ぐから中間管理職が末端に強くいうに決まってる。
組織の構造上の問題として全く認識してないな。この会社は。

この会社は支社や現場の管理者の自己保身が強い。ノルマは1人何枚や何個などではなく、班で何枚とか売上金額いくらとか。本社からきちんと末端まで指導しているのか疑問。

昨年秋、会社に来る馴染みの郵便配達さんが「今年も年賀状よろしくお願いします」と言ってきたので、「もうノルマないんでしょ?」と聞いたら、「表向きはね」なんておっしゃってました。
絶対裏では、未だにノルマが存在してそうですね。

まだまだ上層部が痛い目に合う必要がある。

人を大事にしてほしいですね。拝金主義の最たる構造。
自分のことしか考えてない指示を出す側に退場いただかないと変わらないでしょうね。

今年の年賀状、郵便局に勤めている知り合いのノルマ達成のために協力しましたよ。ノルマは廃止だったんじゃないの?と聞いたら、現場は去年と全く変わりなく、いつものようにノルマを課せられたと言ってた。達成しないと昇進できないんだって。

社長が問題なのでは、ありません。
現場のコンプライアンス違反の局長が9割、パワハラモラハラセクハラをする部長まで8割、そして管理者に尻尾を振るイエスマンの課長が7割いるのが問題なのです。
基本的に局長の元後輩を子飼いとして自分の部下として周りにかためてるので、まともな組織ではありません。

まだ、ノルマはあるらしい。個人にはノルマは課せられないけど、グループ毎にノルマがある。結局ですよね。

国営気分が抜けていない!
社員が文句言い過ぎ!
他の民間会社ならクビや左遷されるようなことでもやってしまう。
コレらの社員が上の役職に就く。
上の言うこと聞かない、下の言うこと聞かない。
これの繰り返し…
風通しなんか良くなるはずがない!!!

スポンサーリンク

郵便局員 年賀状 ノルマおわりに

今回は郵便局員 年賀状 ノルマに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の郵便局員 年賀状 ノルマは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「拠点数が多いことを口実にしているけど、大抵の企業は大事な話だったら社長の鶴の一声で末端まで一瞬で届くもの。
社長が自爆営業を認めたのも対外的なポーズであって、実際は何もやっていないのが実情でしょう。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事