手塚治虫 AIが沸騰中!漫画は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

手塚治虫 AIがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

手塚治虫 AIの概要は?漫画は?

手塚治虫 AIのニュースが次のように報道されています。

漫画は2030年の東京で管理社会に背を向けるホームレスの哲学者「ぱいどん」が小鳥ロボット「アポロ」とともに事件を解決するストーリーということです。亡くなった作家の作品をAIが新たに生み出す研究が増える一方、議論も呼んでいます。

 「漫画の神様」、手塚治虫さんが亡くなって30年。人工知能と人間が力を合わせ、新たな作品が誕生します。

今月末に週刊漫画誌に掲載されるのは、手塚さんの作品を学習したAI(人工知能)が登場人物や基本的なあらすじを考えて人間が作画などを担当した約30年ぶりの“手塚マンガ”です。1989年に亡くなった手塚さんが「現代に生きていたらどんな未来を描いていたか」という想像から始まり、漫画は2030年の東京で管理社会に背を向けるホームレスの哲学者「ぱいどん」が小鳥ロボット「アポロ」とともに事件を解決するストーリーということです。亡くなった作家の作品をAIが新たに生み出す研究が増える一方、議論も呼んでいます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200220-00000032-ann-bus_all

スポンサーリンク

手塚治虫 AIが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

30年ぶりの“手塚マンガ”AI活用し新作品誕生へ

スポンサーリンク

手塚治虫 AIのネットの反応は?

NHKの美空ひばり映像がきっかけですね。正直あまり、期待しません。
所詮は「手塚治虫風味」に過ぎないと思います。巨匠の作風を、アイディアからストーリー、コンテ割り、構図や描画までトータルに真似て、鑑賞に耐えるレベルの作品を作ることは、現在のAIにはとても無理(それは作曲で証明されています)。ですから実際は人間のスタッフが、大部分の作業をこなすことになるでしょうが…。
名作「ナニワ金融道」の作者・青木雄二さんが亡くなった後、遺族の皆さんが中心になって続編を作りましたね。心を込めたプロジェクトでしたが、ストーリーも作画も登場人物の性格描写も、やはりオリジナルとは別世界。故人の漫画の新作とは、難しいものです。今回の計画も、結局は巨匠の名前とAIという看板が、宣伝に使われるだけでは。

>約30年ぶりの“手塚マンガ”です。

このような認識違いをメディアがそのまま報道してしまうことがおかしい。

これはAIが描いた"手塚風マンガ"です。

師の画風を学んだアシスタントが漫画家としてデビューすることと同義で、手塚治虫本人が描いたかのように報道するのは"フェイクニュース"と同義です。

紅白のAIひばりさんもそうだけど、何故そのようなことをするのか。いくらAIに学習させたとしてもそれは手塚先生ではない。

手塚治虫が生きてたら既存の作品をこねくりまわして再構築した作品なんか書くわけない。読み手が驚く斬新な作品を書いてるはず。AIは「新作」は書けないってなぜ気づかない?

一年ぐらい経ってから、実は田中圭一が描いてましたとかいうオチを期待します

それよりアニメのリボンの騎士をリメイクしてほしいです。どろろのスタッフでお願いしますよ…。

手塚治虫は描いてない。

ただの、トリビュート漫画

「手塚作品を学習したAIが出力したモノ」という言い方なら構わない
「手塚治虫がAIでよみがえる!」
「手塚治虫がAI技術で復活!」のように
「故人が復活した」「故人のかわりとしてのAI」という見方・言い方はやめてほしい
AIはどこまでも人工知能であって、=故人ではない

あと、もし手塚治虫先生がこれを見てたらどう思うかな?
漫画界の巨匠となったあとも、新人漫画家の才能に嫉妬しまくってそれを作品に昇華してた先生だから
「あんたの才能なんて、人工知能に学習させれば、いくらでも同じような作品は描けるんだよ!」
と言われたら・・嫉妬どころか激怒するんじゃないかな?

手塚治虫の名前を使いたいなら
先ずはネオ・ファウストの続きを書かせてみてよ

営利目的のたに神の名を使うな!!
いづれはAIで神に近い作品はできるだろう。
しかし、現行のAI技術では神の域には程遠い。
神を汚すのが怖くてAIを持ち出し告知するあざとさ。
神の新作品ではなく
"AIを利用した新しい漫画の試み"
という告知に訂正するべき!!
by TSR Mr.B

スポンサーリンク

手塚治虫 AIおわりに

今回は手塚治虫 AIに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の手塚治虫 AIは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「それはAIが作った作品であって、決して手塚先生の新作ではありません。
試みの一種としてはありだけど、手塚作品復活みたいな書き方はやめて欲しい。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事