森法務大臣 法務省が沸騰中!森法務大臣は先週?画像や動画は?気になるネットの反応は?

森法務大臣 法務省がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

森法務大臣 法務省の概要は?森法務大臣は先週?

森法務大臣 法務省のニュースが次のように報道されています。

森法務大臣は先週、「適切な手続きがとられたのか」という野党の追及に対し、「部内で必要な決裁をとっている」と述べていたが、法務省の担当者は「正式な決裁はなかった」と説明していた。

 東京高検・黒川検事長の定年を延長するために法律解釈を変更したことをめぐり、森法務大臣は25日、「口頭の決裁を経た」と述べた。“文書”での決裁はないが、「口頭の決裁もあれば、文書の決裁もあり、どちらも正式な決裁だと理解している」と述べ、問題はなかったと強調した。森法務大臣は先週、「適切な手続きがとられたのか」という野党の追及に対し、「部内で必要な決裁をとっている」と述べていたが、法務省の担当者は「正式な決裁はなかった」と説明していた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200225-00000067-ann-pol

スポンサーリンク

森法務大臣 法務省が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

森法務大臣「口頭も文書も正式な決裁」

スポンサーリンク

森法務大臣 法務省のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

決裁が口頭のみということはだ、いつだれが決裁したのかの証明が無い、ってことだよ。
普通なら事前に案文(もしくは概要)などを示して内容確認をしてもらい、その後正規に文書を起案して決裁すると思う。
まあ、いきなり文書持ってくこともあるだろうし、内容によって多少やり方に差異はあると思うが、法律の解釈絡みを口頭のみってことはありえないでしょ。
通常決裁した証を残す必要がある。

確かに緊急性が高い案件などの際に一時的に対応のための内容について口頭で了承をだす、ということもあり得るかもしれないが、その後改めて文書として決裁するはず。言った言わないの問題や決裁者の意図がしっかりと文章として記載されているかを確認しないといけないから。
それが行政。

極々簡易的な内容やその場限りで構わないような内容なら口頭のみってことも、まだわかるが。

事前に口頭で根回しをすることは当然あるけど、口頭で決裁とする というのは文書主義のお役所であるとは全く思えない。

文書で決裁済の内容と口頭での決裁内容が違う場合にどちらが優先されるのかとかの法律記載はない。ありえない。もっといえば大日本国憲法にもないだろう。

やっぱこの内閣、根本からダメなんだよ。
これが自民党の目指す改憲と同一の方向性であるなら、本当に「独裁国家」の誕生。

森さんは三下役者と変わらない立ち回り大臣だ・・・失望を禁じ得ない。
法務大臣ともなれば・・・つきたくもない嘘も都合の良い方便ひとつも法律論から外れていようが、弁舌爽やかに出来るもんだな・・・
この有様で本当に司法試験受かっているのか?と言いたい。
資格ゆえに弁護士にはなれても、国民が望む法務大臣の資質には不合格だよ。

政府としての法解釈を変更するのに「口頭」はあり得ないでしょう。
少なくとも定年延長の決裁文書には解釈に関する添付書類があるはず。
解釈変更であることに気付かなかった法務省はあまりにお粗末な上、
平気で虚偽の答弁をするのが当たり前になっていることが恐ろしい。

めちゃくちゃですねこの政権。
普通こんな答弁をしたら即更迭です。
特に「法」を司ってる法務大臣がこんなことを言うとは法治国家の体をなしていない。
海外からもバッシングされてもおかしくないし、カルロスゴーンの逃亡を肯定されかねない大きな問題。

本人が辞めるといえば済むこと?
やる気があるんなら、記者会見でも開いて続けたい気持ちを国民に知らせて欲しい。
そもそも無理がある話なので、この森氏の顔も真っ赤なのでしょう。
ここまでして誰が得するんでしょうね。

いくら安倍首相に尻尾を振って法務大臣になったとはいえ、

あまりにもひどい答弁が続いている。

法務大臣という重責を担う器ではないことは明らか。

前の法務大臣同様、適材適所の真逆にいる人だ。

何でもありなんですね。口頭の決済というものがあると、お墨付きをいただきましたので、いろいろなところで、活用させていただきます。

桜どころの騒ぎじゃない気がする
仲良し組閣や仲良し人事
長期政権の弊害ここに極まり
感染対策も後手後手で恣意的にさえ思われる
政府は人減らししたいのかね

そんな重要なことを口頭決裁などで行えるはずがない。森法相のポチぶりは立派というほかない!

スポンサーリンク

森法務大臣 法務省のネットの反応は?Part2

不思議なのは与党も野党も解釈を変えなければならない理由に触れようともしないことだ。与党は手続き論という形式上のことで正当化を図り、野党は野党でいつもの反アベ活動に終始している。

法相が法の解釈という曖昧で動くとかさすが傲慢内閣ですね

空いた口が塞がらない。
ありえないでしょ。
この政府は何でもありだな。

いや、それはあかんやろう
公文書管理法の志に反する行為
決裁文書がなくてOKなのは民間でもあり得ない

まぁ・有能な人材も色んな制限で再就職できなかったって事で・・・

公にならなかった日本の小さな体質が、
大きな人材を過去にも失った・・・

なんじゃこの回答は。
個人商店じゃあるまいし、文書で残さない人事などあるか!

大臣になるため国会議員になるための検定試験が必要やな

自分が生きている時代が、こんなに腐敗するとは思わなかった。やっぱり歴史は繰り返すんだね。

口頭って、、、
いつ、どこで、誰が。証拠が残らない決裁ってなんなんだ?
サインもハンコもいらない時代が来るのかな?失笑
こんな事がまかり通ってるのなら何一つ信用出来なくなる。

「口頭の決裁」??????
それがありならなんでもOKという事になる。しかも、小さな案件ではなくトップの人事に関わる事がそんないい加減な過程で決められていたという事は信じられない。

ここまでやりたい放題の内閣なんて今までなかっただろう。これでも自民党は何も言わないのなら日本は終りだよ。情けない。

スポンサーリンク

森法務大臣 法務省おわりに

今回は森法務大臣 法務省に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の森法務大臣 法務省は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「いやいや、憲法クイズ王が引っ張り出してきた公文書との整合性は…?
これは是是非非じゃないとまずい問題ですよ。」
に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事